麻生区版 掲載号:2018年3月16日号 エリアトップへ

市民館岡上分館 40年迎えた地域拠点 古き良き交流 そのままに

文化

掲載号:2018年3月16日号

  • LINE
  • hatena
石川分館長(右)と加藤元分館長
石川分館長(右)と加藤元分館長

 麻生市民館岡上分館の建物が今年5月で40年を迎える。建て替えが進む川崎市内の市民館、分館の中で最古となる同館では、今でも施設、地域に愛着を持つスタッフと利用住民との交流が続いている。

 「中に入ってスリッパに履き替える市民館や分館なんて今時珍しいですよ」。来館者を出迎える石川岳司分館長と、元分館長で今は非常勤として同館に勤める加藤宗一さんは笑う。

 明治期に児童が通った校舎から柿生小学校の分校、稲田公民館や多摩市民館などの分室へと役割を変え、1978年に全面改築を経て岡上文化センターが開館。87年に市民館分館に改称された。2階建て約800平方メートルの館内には図書室と児童室含め6室があり、文化サークルの活動拠点やシニア、子育て世代に向けた講座などで活用されている。

 石川分館長が「来館された方との挨拶だけでなく、外を歩いていても声がかかることが多い」と話すように他エリアの施設には無い交流が残る岡上分館。そんな同館に魅力を感じ、分館長を退いた後もこの場所に留まった加藤さんは、山梨県から片道2時間半かけての通勤を続けている。「中庭に畑を作ってボランティアと野菜を収穫したり、古き良き地域交流の風景が残っていて職場が楽しい」。

高齢化の波と新たな需要

 最近は30年以上活動してきたサークルが高齢化などで解散する知らせを聞くようにもなった。そんな中でも同館の貸室稼働率は2015年度の35・6%から16年度38・7%、17年度44・4%と上がっている。石川分館長は「活動が難しい音楽団体の受け入れが功を奏している。これからも皆さんがより自由に使えるスペース運営を心がけながら、岡上の拠点として顔の見える付き合いを維持していきたい」と話している。

市民館岡上分館
市民館岡上分館

麻生区版のトップニュース最新6

風水害対策に81.9億円

川崎市予算案

風水害対策に81.9億円 経済

復旧継続、「備え」強化へ

2月14日号

3月上旬に利用開始へ

柿生歩道橋

3月上旬に利用開始へ 社会

工法変更で半年延期

2月14日号

風水害対策に81.9億円

川崎市予算案

風水害対策に81.9億円 経済

復旧継続、「備え」強化へ

2月14日号

ゲームで避難所運営

金程中学校区

ゲームで避難所運営 社会

多世代85人が議論

2月7日号

収蔵品搬出、残り7割

川崎市市民ミュージアム

収蔵品搬出、残り7割 社会

年度内の作業完了めざす

2月7日号

東側ルートを正式決定

地下鉄延伸事業

東側ルートを正式決定 経済

新駅はヨネッティー付近

1月31日号

住宅防火支え、解散へ

婦人消防隊

住宅防火支え、解散へ 社会

36年で延べ1万5千人超

1月31日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月7日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

肺がんの最新動向は

肺がんの最新動向は

17日 健康づくり講座

2月17日~2月17日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月14日号

お問い合わせ

外部リンク