麻生区版 掲載号:2018年3月30日号 エリアトップへ

市民活動団体検索サイト 1年で登録数300超 総アクセス数は2万件以上

文化

掲載号:2018年3月30日号

  • LINE
  • hatena
相談窓口で検索サイトを使用する相談員(左)
相談窓口で検索サイトを使用する相談員(左)

 麻生区内で活動する市民活動団体の情報を一元化した検索サイトが稼働から4月で1年を迎える。現在、登録数は300件を超えており、サイト利用で多世代が地域の市民活動に参画することに期待がかかる。

 「麻生区市民活動団体検索サイト」は、趣味のサークルやボランティア団体などの情報がまとめられたインターネットサイト。麻生市民館や区社会福祉協議会、麻生市民交流館やまゆりで活動する登録団体の情報を集約しデータベース化したもので、区民の地域活動参加を促すことを目的に昨年4月にスタートした。閲覧者は相談窓口や自宅のパソコン、スマートフォンからキーワードや分野、活動日、会費などを頼りに興味のある団体を検索できる仕組みだ。

 同サイトは、交流館やまゆりを運営する認定NPO法人あさお市民活動サポートセンター(植木昌昭理事長)が情報を一括管理し、運用している。同法人によると、開始からこれまでの総アクセス数は2万件以上。市民活動の参加はシニア世代が多いが、サイト導入後は50〜60歳代からの問い合わせが増えたという。植木理事長は「パソコンに馴染みのある定年退職前後の世代で、地域貢献を考える人が利用してくれている」と話す。

 点在していた情報が一括化されたことで「サイトで調べてから、窓口で詳細を聞くという活用も多い」と植木理事長。相談員からも「作業が楽になり相談者の条件に合う団体の提案がしやすくなった」という声が上がっているという。

目指すは全団体登録

 掲載登録数は、立ち上げ当初の265団体から1年で315団体に増加。一方で「区内の市民活動団体は600以上あり、サイトで掲載しているのは全団体の約半数」と植木理事長は話し、「区民への周知を進めて全団体掲載を目指したい」と今後の展望を語る。次年度は広報活動を充実させるほか、システムを使いやすくリニューアルすることも検討するという。麻生区市民活動団体検索サイト【URL】http://asao-act.org/

麻生区版のトップニュース最新6

風水害対策に81.9億円

川崎市予算案

風水害対策に81.9億円 経済

復旧継続、「備え」強化へ

2月14日号

3月上旬に利用開始へ

柿生歩道橋

3月上旬に利用開始へ 社会

工法変更で半年延期

2月14日号

風水害対策に81.9億円

川崎市予算案

風水害対策に81.9億円 経済

復旧継続、「備え」強化へ

2月14日号

ゲームで避難所運営

金程中学校区

ゲームで避難所運営 社会

多世代85人が議論

2月7日号

収蔵品搬出、残り7割

川崎市市民ミュージアム

収蔵品搬出、残り7割 社会

年度内の作業完了めざす

2月7日号

東側ルートを正式決定

地下鉄延伸事業

東側ルートを正式決定 経済

新駅はヨネッティー付近

1月31日号

住宅防火支え、解散へ

婦人消防隊

住宅防火支え、解散へ 社会

36年で延べ1万5千人超

1月31日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月7日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

肺がんの最新動向は

肺がんの最新動向は

17日 健康づくり講座

2月17日~2月17日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月14日号

お問い合わせ

外部リンク