麻生区版 掲載号:2018年6月1日号
  • googleplus
  • LINE

地元知りつながる朝市 自由広場カナドコロで

社会

朝市で販売される地元産野菜
朝市で販売される地元産野菜
 区内の市有地を利用した自由広場カナドコロ(金程4の3の1)で「つながる朝市」が5月26日に開催された。

 区内産野菜や農家を知るきっかけを作るコミュニティー「ふらっと新百合ヶ丘」(中村ふみよ代表)が運営。昨年10月に開放された同地や地元野菜のPR、近隣住民が交流する場をつくることを目的として、月1回の朝市を開催することに。同地を管理する工学院大学遠藤新研究室も協力し、4月から始まった。中村代表は「人と地域がつながる場があるのは大事。ふらっと来て遊んでほしい」と話す。

 当日は、区内や近隣の農家から集まった規格外のため市場には出回らない「くで野菜」や、くで野菜を使用した料理を販売。そのほか、地域住民による手作り菓子販売やフリーマーケット、ワークショップも行われ、会場は近隣に住む親子連れでにぎわっていた。小学生の息子と初めて訪れたという女性(万福寺在住)は「子どもがワークショップで楽しそうにしている。これから野菜を買うつもり」と笑顔で話していた。同研究室の久保貴生さんは「子どもたちが元気で、まちの皆さんともいい関係が築けていると思う」と語った。

麻生区版のローカルニュース最新6件

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

パラソルアートを体験

パラソルアートを体験

交流空間リリオスでWS(ワークショップ)

6月23日~6月23日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 歯ウ・トゥ・ケア

    ホワイトファミリーつつみ先生の

    歯ウ・トゥ・ケア

    How To Care vol.05最適な治療とは…(4)海外との意識の違い

    6月22日号

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第126回 シリーズ「麻生の歴史を探る」久末義民騒動 後編

    6月15日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年6月22日号

お問い合わせ

外部リンク