麻生区版 掲載号:2018年6月1日号 エリアトップへ

ボーイスカウト川崎第43団 地域の輪をつなげ50年 「自然の中で体験を」

教育

掲載号:2018年6月1日号

  • LINE
  • hatena
メンバーでつくった50の人文字
メンバーでつくった50の人文字

 麻生区内中心に活動する「ボーイスカウト川崎第43団」が4月で創立50周年を迎えた。野外活動や社会奉仕活動を通じ、子どもたちだけではなく、大人同士が地域でつながる役割も果たしている。

 ボーイスカウト活動は、野外でのグループ活動で子どもの自立心や協調性を育てることを目的としている。ボーイスカウト川崎第43団は1968年4月に設立。福田紀彦川崎市長もかつて同団に所属していたという。活動は年齢別に5隊に分かれ、月2回ほど黒川青少年野外活動センターや区内外でハイクやキャンプなどを行う。そのほか社会奉仕として募金活動や新百合ヶ丘駅周辺の清掃も実施している。現在、約120人が在籍し、県内のボーイスカウトでは2番目に人数が多いという。団長の渡辺悦男さんは「今はスマホやゲームもあるけれど、大人になる前に自然の中で、自分自身でいろいろな体験や失敗をして、いい社会人になってほしい」と活動への思いを語る。

大人同士の交流も

 子どもたちの隊を指導するのは、リーダーと呼ばれる野外活動の知識を持った大人たち。同団卒業生のほかメンバーの保護者からリーダーになる人もいるという。渡辺さんは「大人たちも幅広い年代や様々な仕事の人がいる。子どもも大人も自分の持てるものを提供し、団結して活動している」と話す。「50周年以降も、ボーイスカウトをきっかけに地域のつながりができるのが大事だと思う」

 6月3日(日)には新百合21ホールで記念式典を実施。現メンバーや、福田市長、卒業生、卒業生の保護者も集合する。「昔懐かしい話を通じて時間がクロスする会になれば」と渡辺さん。

麻生区版のトップニュース最新6

川崎時代、糸口つかむ

ノーベル賞吉野氏

川崎時代、糸口つかむ 経済

82年 「空白の時間」に発見

10月18日号

8割が「レッド指定」か

土砂災害警戒区域

8割が「レッド指定」か 社会

県、市内6区で調査

10月18日号

機能・役割 検証へ

市立・公的医療8施設

機能・役割 検証へ 社会

井田病院、国から「議論必要」

10月11日号

住宅地 横ばい傾向続く

麻生区基準地価

住宅地 横ばい傾向続く 経済

商業地の伸び 市内トップ

10月11日号

市立校に半年で320万円

学校ふるさと応援寄附金

市立校に半年で320万円 教育

市民から周知不足指摘も

10月4日号

自転車に保険加入義務

自転車に保険加入義務 社会

県条例 10月から本格開始

10月4日号

悲願の全国 納得の演奏を

桐光学園合唱部

悲願の全国 納得の演奏を 教育

来月開催のNコンに初出場

9月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月20日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 5月31日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

秋の歌声喫茶

秋の歌声喫茶

交流館やまゆりで26日

10月26日~10月26日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第159回 シリーズ「麻生の歴史を探る」江戸で人気 禅寺丸柿 後編 文:小島一也(遺稿)

    10月11日号

  • あさおマンスリー

    10月 October

    あさおマンスリー

    麻生区長  多田貴栄

    10月4日号

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第158回 シリーズ「麻生の歴史を探る」江戸で人気 禅寺丸柿 前編 文:小島一也(遺稿)

    10月4日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク