麻生区版 掲載号:2018年6月29日号 エリアトップへ

専大ゼミ共同調査 「保育にやりがい」9割 市内施設 職員772人が回答

社会

掲載号:2018年6月29日号

  • LINE
  • hatena
会見を行う兵頭教授(右から2人目)、学生ら
会見を行う兵頭教授(右から2人目)、学生ら

 市内の保育現場の労働実態を探るため、多摩区の専修大学学生らと市民団体が保育士などを対象に共同調査を実施。今月14日に集計結果を発表した。約9割がやりがいを感じている一方、勤続7年以下の回答者が7割を超えるなど、同一の勤務先で働き続けることへの課題も見られた。

 調査は保育の質向上に向けた議論、提言の素材を提供しようと、同大経済学部の兵頭淳史ゼミナールと、弁護士や労働組合員らによる「川崎市保育問題交流会」が実施。昨年8月から9月、市内の全認可保育所(316施設)にアンケート用紙を郵送し、82施設の保育士602人をはじめ栄養士、看護師、事務職員ら772人から回答を得た。

 現在の勤務先に関する設問では、勤続年数は「0〜3年」約46%と「4〜7年」約25%で7割に達した。勤続意欲は「定年まで」約14%、「できる限り」約59%だった。仕事のやりがいは「とても感じる」約36%、「まあまあ感じる」約56%で、合わせて9割を超えた。

 同交流会メンバーの一人は「保育職を続ける意欲が高く、現在の職場で働き続けたい職員は多いが、労働条件が合わないことなどが課題の一つ」と指摘。昨年、副ゼミ長を務めた伊藤大晃(ひろあき)さん(4年)は「保育の仕事を続けたいのに続けられない人が多い結果が印象的だった」と振り返る。

 市庁舎で会見が行われた同日、報告書は市こども未来局に提出された。交流会代表で弁護士の川岸卓哉さんは「現場の声をしっかり書いてもらった。保育の労働条件改革に役立ててもらいたい」と期待を込める。同会は7月17日、エポックなかはら(中原区)で調査の報告会と交流会を開催。詳細は川岸代表(【メール】kawagishi@kawagou.org)。調査結果の詳細は、同ゼミのウェブサイトで公開中。

麻生区版のローカルニュース最新6

7団体が市民館に舞う

7団体が市民館に舞う 文化

事前申込み制

9月17日号

地元野菜普及めざし

JAセレサ川崎

地元野菜普及めざし 文化

CD2500枚 市へ

9月17日号

まちの魅力を「もっと」

麻生と私 第6回 区制40周年プレ企画

まちの魅力を「もっと」 社会

中島健介さん(41才)=万福寺在住

9月17日号

2曲の民族舞踊を体験

2曲の民族舞踊を体験 文化

10月5日から 麻生市民館で

9月17日号

「ありがとう」が活動の源

「ありがとう」が活動の源 社会

地域活動に尽力 平原廣さん

9月17日号

逆転サヨナラで「若葉」優勝

区学童野球

逆転サヨナラで「若葉」優勝 スポーツ

秋季J:COM大会

9月17日号

あっとほーむデスク

  • 9月17日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

地下トンネル仕組み学ぶ

地下トンネル仕組み学ぶ

9月26日 オンラインで

9月26日~9月26日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • ナラ枯れ大発生

    区民記者が走る! vol.5 2021年 September

    ナラ枯れ大発生

    9月17日号

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    シリーズ「鶴見川流域の中世」 板碑に刻まれた「主君」は武将か僧侶か―建長七年銘板碑から地域社会を考える―【3】文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

    9月17日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook