麻生区版 掲載号:2018年7月20日号 エリアトップへ

市民団体「おもちゃと遊びの会」代表を務める 吉田 幸雄さん 上麻生在住 65歳

掲載号:2018年7月20日号

  • LINE
  • hatena

遊びから相互に学ぶ

 ○…7月22日に麻生市民交流館やまゆりで「おもちゃと遊びのまつり」を開催する市民団体の代表を務める。当日はユニークな手作りおもちゃで自由に遊べるほか、木材を使った工作教室や伝統芸能のパフォーマンスも。「縁日に来たかのような盛りだくさんな内容。子どもたちがどういう反応をするのか楽しみ」と目を細めて語る。

 ○…北海道出身。小学校に上がる前から、山の木や流木を使っておもちゃを作って遊んでおり、中学では木工クラブに所属。「コンテストで賞状がもらえるのが嬉しくて、もっと作ろうって」とものづくりに親しんだ。上京し就職してからものづくりとは離れるが、約10年前に再開。次第に「作ったおもちゃで遊んでほしい」と思うように。何かできないかと4年前に妻と一緒に同会を立ち上げた。以来、おもちゃを作って遊べる事業や実際の木に触れて自然を大切にする心を育む「木育活動」などに取り組み、遊びの大切さを伝えている。

 ○…趣味はずばり「おもちゃづくり」。1カ月の半分はベニヤ板や糸のこぎりなどを使って作業する。一番楽しいのは試作しているときだ。「どうすれば上手く動くかなと工夫を考えるのが楽しくて」と話す表情はまるで少年のよう。麻生区には15年ほど前に移住。「混んでいない街並みがいい。こっちに来てよかった」

 ○…おもちゃ遊びは子どものためだけではない。「遊びながら子どもは何かしら学んでいる。同時に、子どもが遊ぶ姿から作品の質を高めることにつながるなど自分も一緒に学んでいる」と相互作用を実感する。世代を超えた交流が活動目的のひとつ。「小さな子どもからお年寄りまで遊びでつながることができる。将来はみんなが集まって遊べる拠点を作りたい」と好奇心が止まることはない。

麻生区版の人物風土記最新6

米倉 日呂登(ひろと)さん

白山子ども図書館ほんの森で6月29日、父親の作品の朗読などを行う

米倉 日呂登(ひろと)さん

王禅寺西在住 60歳

6月21日号

アリマ・ジュンコさん本名・森原順子

イラストレーターとして6年ぶりとなる個展を都内で開催する

アリマ・ジュンコさん本名・森原順子

千代ヶ丘在住 70歳

6月14日号

中野 浩さん

桐光学園中学校・高等学校の校長に就任した

中野 浩さん

横浜市在住 61歳

6月7日号

藤田 直哉さん

東日本大震災にまつわる文芸誌「ららほら」を編著、創刊した

藤田 直哉さん

日本映画大学専任講師 36歳

5月31日号

ヤオ オフェイ アモアベンさん

日本の国民性などを外国人目線で語る講座を市民交流館やまゆりで行う

ヤオ オフェイ アモアベンさん

上麻生在住

5月24日号

小林 唯さん

劇団四季『パリのアメリカ人』横浜公演出演者の一人の

小林 唯さん

横浜市在住 劇団四季俳優

5月17日号

大村 哲郎さん

先月から麻生警察署の署長を務める

大村 哲郎さん

千代ヶ丘在住 59歳

4月26日号

あっとほーむデスク

  • 6月7日0:00更新

  • 5月31日0:00更新

  • 5月24日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

自作ロケットを飛ばそう

自作ロケットを飛ばそう

発明クラブの夏休み企画

7月15日~7月15日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年6月21日号

お問い合わせ

外部リンク