麻生区版 掲載号:2018年9月28日号 エリアトップへ

市営霊園 合葬墓で無縁化対策 市、来年度に募集開始へ

社会

掲載号:2018年9月28日号

  • LINE
  • hatena
来年3月に完成予定の合葬墓(イメージ)
来年3月に完成予定の合葬墓(イメージ)

 少子化などにより、墓の承継者がいなくなる無縁墓の対策として、川崎市は複数の遺骨を一緒に納める「有縁合葬墓」の募集を来年度から開始する。市営霊園墓所の無縁化を防ぎ、改葬による墓所の循環利用を進めるとともに、供給不足解消につなげたい考えだ。

 川崎市営霊園は早野聖地公園(麻生区1万3030基)と緑ヶ丘霊園(高津区2万5012基)があり、市内墓所数の約6割にあたる3万8042基が整備されている。

 市営霊園の昨年の募集倍率は10・1倍。特に改葬など返還された墓所のみの募集となる緑ヶ丘霊園は53・6倍に上る。

霊園改葬、促進へ

 一方、両霊園では墓所の無縁化が進む。市はこれら墓所の改装手続きに14年から着手。現在、無縁化の可能性がある墓所は約450基とされている。市が昨年実施した霊園利用者の意識調査では「今後30年ほどで無縁化する可能性がある」と回答した人は67%。緑ヶ丘霊園利用者の47%が「合葬墓が整備されれば利用したい」と回答している。

 市は、墓所から合葬墓に改葬すれば使用料を免除する計画。「無縁化する前の改葬を促し、墓所の循環利用につなげたい」と期待を込める。

 合葬墓の導入に伴い、一部改正が進められる墓地条例には「生前取得」や「焼骨の不返還」などが組み込まれる。市は「遺骨は一定期間置かないため、埋蔵後は返還ができないことの周知を徹底したい」としている。

 合葬墓の収容は約2万柱。緑ヶ丘霊園に整備し、来年3月に完成する予定。来春、募集要項を発表し利用を開始する。

需要の半数に対応

 市が11年に算出した墓所需要予測では、30年度までに必要な市営霊園の墓所は1万9000基。土地の有効活用と墓所形態の多様化を受け、15年に合葬墓の整備を盛り込む方針を策定した。1万9000基のうち、新規整備する1万7000基の半数に当たる8500基を有縁合葬墓で対応するとしている。

麻生区版のトップニュース最新6

市内96人、任期満了へ

民生委員児童委員

市内96人、任期満了へ 政治

高齢化、担い手不足に課題

8月23日号

在宅シニアの集い1周年

在宅シニアの集い1周年 社会

延べ260人が参加

8月23日号

千人減 早期入居に成果

特養申請者

千人減 早期入居に成果 社会

市、窓口一本化で「見える化」

8月16日号

「休み明け、悩める子に手を」

「休み明け、悩める子に手を」 教育

自死遺族団体 18日シンポ

8月16日号

「未来都市」に川崎市

国連SDGs

「未来都市」に川崎市 社会

環境施策、将来性など評価

8月9日号

防空壕からキクラゲ出荷

区内在住小山仁美さん

防空壕からキクラゲ出荷 文化

「戦争の記憶 知る機会に」

8月9日号

活動30年 主催演奏会に幕

三曲あさお

活動30年 主催演奏会に幕 文化

今後は次世代育成に注力

8月2日号

あっとほーむデスク

  • 6月7日0:00更新

  • 5月31日0:00更新

  • 5月24日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

まちに賑わいと愛着を

まちに賑わいと愛着を

百合丘ふるさとまつり

9月29日~9月29日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年8月23日号

お問い合わせ

外部リンク