麻生区版 掲載号:2019年1月4日号
  • LINE
  • hatena

超高齢社会に対応した体制の整備を! 川崎市議会議員 花輪 孝一

 川崎市では、誰もが住み慣れた地域や自らが望む場で安心して暮らし続ける事ができる地域の実現をめざして、「川崎市地域包括ケアシステム推進ビジョン」を2015年3月に策定し、現在第2期を迎えています。

 このビジョンそのものの浸透は着実に進んでいますが、急激な超少子高齢化と核家族化により、1人暮らしや高齢者のみの世帯、障がいを持つ方の世帯が増え、支援が行き届かない方々の孤立化が懸念されています。

 議会の中でも様々な角度から議論をさせて頂きましたが、このような状況を打開するためには行政と地域、多種多様な主体との一層の協働と連携が不可欠だと思います。

体制拡充で更なる推進を

 しかしながら、高齢者の総合的な支援の窓口である「地域包括支援センター」、障がいのある方やそのご家族の相談の「障害者相談支援センター」などでは業務量の急激な増大でその対応に苦慮している実態があります。

 また専門の医師、歯科医、薬剤師をはじめ看護師、介護職員など最前線の現場からも現状を懸念する声があがっています。

 現在、市では、相談支援機関に調査を実施中とのことですが、実態を正確に把握し、的確に対応することが求められます。

 また、区役所の総合調整、地域支援、専門的支援を充実し、相談を待つ姿勢ではなく、こちらから出向く、いわゆる「アウトリーチ型支援」の充実も不可欠です。

 是非、区の「地域みまもり支援センター」の体制を拡充し、地域や支援組織、専門多職種との「協働と連携」で地域包括支援システムの更なる推進を図るべきと考えます。

花輪孝一

麻生区細山3-14-6

TEL:044-954-9125

http://koichi-hanawa.com/

麻生区版の意見広告・議会報告最新6件

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 10月5日0:00更新

  • 8月17日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

若手演奏家の競演

若手演奏家の競演

25日 芸術のまちコンサート

1月25日~1月25日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第142回 シリーズ「麻生の歴史を探る」露天商揚屋一家 後編参考資料:「ふるさとは語る(柿生郷土史刊行会)」「稲毛郷土史(伊藤葦天)」「川崎市史」

    1月11日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年1月18日号

お問い合わせ

外部リンク