麻生区版 掲載号:2019年1月11日号
  • LINE
  • hatena

もの忘れガイドマップ 区独自で認知症に対応 公共施設などで配布開始

社会

地図には認知症カフェ等を掲載
地図には認知症カフェ等を掲載
 認知症の正しい理解や早期対応を目的とした「あさおもの忘れガイドマップ」が先月末に完成し、区内で配布が始まった。区内認知症高齢者数は2030年には約1万3千人と想定され、対策が進められている。

 区単位での認知症支援ガイドマップの作成は市内では麻生区が初めてとなる。主なターゲットはこれから認知症になるかもしれない人。早期発見、対応により症状を緩やかに進行させ、当事者が希望する生活を送ることができるようにするねらいだ。冊子のタイトルは認知症に対するハードルを下げようと、「もの忘れ」と付した。地図には認知症の人や地域住民が参加できる「認知症カフェ」の会場、地域包括支援センター、老人いこいの家などの場所を記載。医療機関といった相談先やもの忘れを心配する人や家族へのアドバイスも盛り込まれている。

認知症高齢者は2倍に増加想定

 区内における認知症対策は喫緊の課題だ。第5期麻生区地域福祉計画によると、区内の認知症高齢者数(65歳以上)は2015年には推計5990人だったのに対し、2030年には2・1倍の12587人に増えると想定されている。

 そこで麻生区では、行政や地域包括支援センター、認知症家族会、認知症サポーターなどで構成される「あさおオレンジプロジェクト(麻生区認知症ケア推進会議)」を2015年から実施。「認知症になっても安心して暮らせるまちづくり」を目指し、認知症の理解を深める広報活動や家族会支援などを行っている。冊子は、プロジェクト内で当事者や家族の声を取り入れた認知症支援マップの作成が以前から検討されており、今回実現した形だ。

 区の担当者は「認知症に関心、興味を持ってもらい、行動するきっかけにしてほしい。医療機関や薬局などともネットワークを構築できれば」と話している。ガイドマップは区役所や地域包括支援センターなどで配布中。問合せは区地域みまもり支援センター【電話】044・965・5160。

麻生区版のトップニュース最新6件

10月から運賃値上げ

市バス

10月から運賃値上げ

2月15日号

「ゲーム音楽隊プラン」入賞

ビジネスコンテスト

「ゲーム音楽隊プラン」入賞

2月15日号

子育て重点、基盤固めへ

川崎市予算案

子育て重点、基盤固めへ

2月8日号

多摩線で「職住近接」提案

小田急グループ

多摩線で「職住近接」提案

2月8日号

市内3地区で効果検証

シェア自転車

市内3地区で効果検証

2月1日号

新百合ヶ丘まで延伸へ

横浜市営地下鉄

新百合ヶ丘まで延伸へ

2月1日号

(公社)神奈川県薬剤師会

2/15(金)「くすりと健康相談薬局」県下一斉相談日。認定薬局はHPで。

https://www.kpa.or.jp/for-all/002-activity/21511/

<PR>

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 1月25日0:00更新

  • 1月11日0:00更新

  • 10月5日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第144回 シリーズ「麻生の歴史を探る」入会地騒動 後編参考資料:「ふるさとは語る(柿生郷土史刊行会)」「町田市史」「川崎市史」「新編武蔵風土記稿」

    2月8日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク