神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
麻生区版 公開:2019年2月8日 エリアトップへ

小田急グループ 多摩線で「職住近接」提案 5月、黒川駅前に複合施設

社会

公開:2019年2月8日

  • LINE
  • hatena
建設が進む黒川駅前(写真上)と完成後のイメージ(同下)
建設が進む黒川駅前(写真上)と完成後のイメージ(同下)

 小田急電鉄(株)と小田急不動産(株)が5月、グループとして県下初となるシェアオフィスを核とした複合施設を黒川駅前にオープンさせる。住まいの近くで働く「職住近接」の生活スタイルをアピールし、多摩線沿いの魅力向上を図りたい考えだ。

 シェアオフィスとは複数の事業主が職場空間を共有する仕組み。自営業者などの新たな働き方として認知が進んでいる。

 黒川駅前で建設が進められているのはシェアオフィスに加え、飲食店など2区画分の店舗スペース。面積は約2500平方メートルで、5月に「ネスティングパーク黒川」としてオープンする予定。

 これまで小田急グループは都内でシェアオフィス事業を行ってきたが、神奈川での展開は今回が初めてだという。小田急電鉄は「多摩線沿線は子育て世代の流入も増えているエリア。働き方が多様化するなかで職住近接型の暮らしを支援する環境整備が求められていた」と事業の背景を話す。今回は黒川周辺のニーズも踏まえ、飲食店などが併設された複合施設として開業準備を進めている。

栗平駅前にも新スペース

 同グループはまた、3月中旬に栗平駅前の小田急マルシェ2階一部区画を、カフェとレンタルスペースなどにリニューアルすることも発表。

 両駅での拠点づくりは、小田急が向ケ丘遊園や海老名市などで進めている沿線再開発の一環。黒川や栗平周辺は1970年代から開発が進み、同グループも約1300戸の分譲を実施。これまでの入居者に加え、新規居住者の安定居住が課題となっている。小田急電鉄は「都心に通わなくても仕事ができる新しい働き方や地域の交流を生み出すことで、まちの魅力が訴求できれば」と話している。

麻生区版のトップニュース最新6

1万5千人規模に

京急川崎駅前新アリーナ

1万5千人規模に

主要音楽コンサート開催も視野

12月8日

人つなぐ「100人カイギ」始動

人つなぐ「100人カイギ」始動

12月10日に初回 麻生で初

12月8日

理事会の夜開催、試行

麻生区町会連合会

理事会の夜開催、試行

現役世代参加へ模索

12月1日

喫煙場所を改修へ

新百合ヶ丘駅南口

喫煙場所を改修へ

12月4日から21日まで

12月1日

配送ロボで利便性向上へ

虹ヶ丘団地

配送ロボで利便性向上へ

民間3社が実証実験

11月24日

防災力強化、「自助」啓発も

川崎市

防災力強化、「自助」啓発も

新庁舎拠点に

11月24日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月17日0:00更新

  • 11月10日0:00更新

  • 11月3日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    シリーズ「草創期の柿生中学校」そして「思い出の丘」(その2)【2】文:小林基男(柿生郷土史料館専門委員)

    12月8日

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    シリーズ「草創期の柿生中学校」そして「思い出の丘」(その2)【1】文:小林基男(柿生郷土史料館専門委員)

    12月1日

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2023年12月8日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook