麻生区版 掲載号:2019年5月17日号 エリアトップへ

障害児の気持ちを体験 ボランティア養成講座

社会

掲載号:2019年5月17日号

  • LINE
  • hatena

 川崎授産学園(細山1209)でボランティア養成講座「障害のある子って、どんな気持ち?」が6月21日(金)に行われる。時間は午前10時から午後0時15分。参加費無料。

 障害者に対する理解を広げ、共生社会をめざした地域づくりの推進が目的。当日は10時から同園の施設見学を行い、10時30分からは知的障害、発達障害の子どもを知ってもらうきっかけ作りの講演を行っている母親たちのグループ「座間キャラバン隊」が講演する。知的・発達障害の疑似体験や、接し方のコツ、適切な対応のヒントなどを話すという。「一人でも多くの人に知的・発達障害について理解してもらえたら」と同園。

 希望者は、折り紙活動のサポートやスポンジテニス活動のサポートといったボランティア体験もできる(別日程)。

 定員20人。申込みや問合せは同園窓口か【電話】044・954・5011。締め切りは6月18日(火)。

麻生区版のローカルニュース最新6

「芸術のまちコンサート」出演者募集

【Web限定記事】

「芸術のまちコンサート」出演者募集 文化

2021年開催、締切は3月10日まで

2月19日号

五輪・パラリンピック、本当の意味とは

【Web限定記事】麻生市民館

五輪・パラリンピック、本当の意味とは 文化

3月14日 オンライン講座を実施

2月19日号

四季を感じる麻生の写真ずらり

【Web限定記事】

四季を感じる麻生の写真ずらり 文化

市民館で3月10日まで展示中

2月19日号

最優秀賞は「偶然の出会い」 

【Web限定記事】かわさき市美展、2月26日から

最優秀賞は「偶然の出会い」  文化

写真は10年ぶりの受賞

2月19日号

絵画・陶芸など力作ズラリ

【Web限定記事】アルテリッカ美術展

絵画・陶芸など力作ズラリ 文化

3月1日から 新百合21ホールで

2月19日号

市内産イチゴでフロンターレ応援

【Web限定記事】JAセレサ川崎

市内産イチゴでフロンターレ応援 社会

1(イチ)位を5(ゴ)回の語呂に合わせ 

2月19日号

あっとほーむデスク

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 11月27日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年2月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク