麻生区版 掲載号:2019年5月24日号 エリアトップへ

日本の国民性などを外国人目線で語る講座を市民交流館やまゆりで行う ヤオ オフェイ アモアベンさん 上麻生在住

掲載号:2019年5月24日号

  • LINE
  • hatena

持ち味生かし地域交流

 ○…外国人から見た日本の堅実な国民性をこれまでの経験などを踏まえ紹介する講座を30日に市民交流館やまゆりで初めて開く。「財布を落としても無事に戻ってきたり、計画通りに進む建設工事とか、海外から来た人はびっくりするようなことが日本では当たり前。そういった面白さを英会話を交えて紹介したい」。

 ○…ガーナ出身で日本在住は20年以上。兄が日本の大学院に留学し、自らもパソコンの勉強をしたいと20代で来日した。「ガーナで黄熱病の研究を進めた野口英世は尊敬されている人物。経済的に優れた車、テクノロジーなどガーナで日本はいい印象なんです」。来日後は住み込みの新聞配達をしながら日本語学校に通った。「すぐPCの専門学校に通いましたが言葉がまだ良く分からない頃でそこは苦労しました」と当時の失敗を苦笑い。横浜のインターナショナルスクールで働きだしたことが契機となり英語教師の道へ。2017年、英会話教室「リズ・イングリッシュ・スクール」を区内にオープンさせた。

 ○…サッカーに料理、家庭菜園など多彩な趣味はガーナの少年時代から続くもの。「父親が朝ごはんを作ったりしていたのでその影響が大きいです」。生まれた時からだと笑うサッカー歴にも胸を張るが「今は教室が忙しい。息子をサッカー教室に送るくらいしかできていない」と家族思いの父親の顔で笑う。

 ○…近所の雪かきや作った野菜を配るなど、人助けや地域交流を自然に行う性格の持ち主。「シニアの方は話し相手になるとみんな元気になる。子どもは英語が話せればこれからの将来、いろいろなことができる。自分ができることで地域に貢献していきたいんです」。元来持ち合わせる共助の心と真面目さは日本人に勝るとも劣らない。

麻生区版の人物風土記最新6

米倉 日呂登(ひろと)さん

白山子ども図書館ほんの森で6月29日、父親の作品の朗読などを行う

米倉 日呂登(ひろと)さん

王禅寺西在住 60歳

6月21日号

アリマ・ジュンコさん本名・森原順子

イラストレーターとして6年ぶりとなる個展を都内で開催する

アリマ・ジュンコさん本名・森原順子

千代ヶ丘在住 70歳

6月14日号

中野 浩さん

桐光学園中学校・高等学校の校長に就任した

中野 浩さん

横浜市在住 61歳

6月7日号

藤田 直哉さん

東日本大震災にまつわる文芸誌「ららほら」を編著、創刊した

藤田 直哉さん

日本映画大学専任講師 36歳

5月31日号

小林 唯さん

劇団四季『パリのアメリカ人』横浜公演出演者の一人の

小林 唯さん

横浜市在住 劇団四季俳優

5月17日号

大村 哲郎さん

先月から麻生警察署の署長を務める

大村 哲郎さん

千代ヶ丘在住 59歳

4月26日号

あっとほーむデスク

  • 6月7日0:00更新

  • 5月31日0:00更新

  • 5月24日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

自作ロケットを飛ばそう

自作ロケットを飛ばそう

発明クラブの夏休み企画

7月15日~7月15日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年6月21日号

お問い合わせ

外部リンク