麻生区版 掲載号:2019年5月24日号 エリアトップへ

日本の国民性などを外国人目線で語る講座を市民交流館やまゆりで行う ヤオ オフェイ アモアベンさん 上麻生在住

掲載号:2019年5月24日号

  • LINE
  • hatena

持ち味生かし地域交流

 ○…外国人から見た日本の堅実な国民性をこれまでの経験などを踏まえ紹介する講座を30日に市民交流館やまゆりで初めて開く。「財布を落としても無事に戻ってきたり、計画通りに進む建設工事とか、海外から来た人はびっくりするようなことが日本では当たり前。そういった面白さを英会話を交えて紹介したい」。

 ○…ガーナ出身で日本在住は20年以上。兄が日本の大学院に留学し、自らもパソコンの勉強をしたいと20代で来日した。「ガーナで黄熱病の研究を進めた野口英世は尊敬されている人物。経済的に優れた車、テクノロジーなどガーナで日本はいい印象なんです」。来日後は住み込みの新聞配達をしながら日本語学校に通った。「すぐPCの専門学校に通いましたが言葉がまだ良く分からない頃でそこは苦労しました」と当時の失敗を苦笑い。横浜のインターナショナルスクールで働きだしたことが契機となり英語教師の道へ。2017年、英会話教室「リズ・イングリッシュ・スクール」を区内にオープンさせた。

 ○…サッカーに料理、家庭菜園など多彩な趣味はガーナの少年時代から続くもの。「父親が朝ごはんを作ったりしていたのでその影響が大きいです」。生まれた時からだと笑うサッカー歴にも胸を張るが「今は教室が忙しい。息子をサッカー教室に送るくらいしかできていない」と家族思いの父親の顔で笑う。

 ○…近所の雪かきや作った野菜を配るなど、人助けや地域交流を自然に行う性格の持ち主。「シニアの方は話し相手になるとみんな元気になる。子どもは英語が話せればこれからの将来、いろいろなことができる。自分ができることで地域に貢献していきたいんです」。元来持ち合わせる共助の心と真面目さは日本人に勝るとも劣らない。

麻生区版の人物風土記最新6

服部 星奈(せな)さん

市内で活動するご当地アイドル「川崎純情小町☆」の新メンバー

服部 星奈(せな)さん

麻生区・中原区担当 

10月18日号

斉藤 ゆき子さん(本名:大槻 之子)

朗読塾「ソフィアの森」を主宰するナレーターの

斉藤 ゆき子さん(本名:大槻 之子)

白鳥在住 57歳

10月11日号

西村 勝行さん

川崎市アートセンターで14日に開幕するミュージカル「ミラクル」の作曲、音楽監督を務める

西村 勝行さん

百合丘在住 68歳

10月4日号

杉浦 輝明さん

麻生ラグビースクールの校長として生徒の育成、競技の普及に努める

杉浦 輝明さん

横浜市青葉区在住 44歳

9月27日号

渡辺 孝一さん

11月開催の「あさおわくわくウォーク」を主催する麻生区青少年指導員会で長を務める

渡辺 孝一さん

上麻生在住 66歳

9月20日号

鈴木 絢子さん

29日に催される「百合丘ふるさとまつり」のメンバーとして企画、運営を行う

鈴木 絢子さん

高石在住

9月13日号

轟(とどろき) 淳次さん

国際ロータリー第2590地区(川崎・横浜)のガバナーに就任した

轟(とどろき) 淳次さん

三和矢崎サービス(株)代表取締役会長 76歳

9月6日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月20日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 5月31日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

秋の歌声喫茶

秋の歌声喫茶

交流館やまゆりで26日

10月26日~10月26日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第159回 シリーズ「麻生の歴史を探る」江戸で人気 禅寺丸柿 後編 文:小島一也(遺稿)

    10月11日号

  • あさおマンスリー

    10月 October

    あさおマンスリー

    麻生区長  多田貴栄

    10月4日号

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第158回 シリーズ「麻生の歴史を探る」江戸で人気 禅寺丸柿 前編 文:小島一也(遺稿)

    10月4日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク