麻生区版 掲載号:2019年5月24日号 エリアトップへ

市内待機児童14人 保留児童は依然2772人

社会

掲載号:2019年5月24日号

  • LINE
  • hatena

 川崎市は今月7日、4月1日時点で保育所などに入れなかった待機児童数が前年比4人減の14人だったと発表した。

 区別では幸区が8人、中原区が5人、宮前区が1人だった。

 ただ、希望の保育所などに入れなかった保留児童数は2772人(対前年比188人減)いた。麻生区では33人減少した一方で、幸区では114人増加するなど地域による差も浮き彫りとなっている。

 市内の就学前児童数は8万409人(4月1日時点)で、対前年比で933人減ったが、新川崎駅や武蔵小杉駅周辺をはじめとしたエリアは大規模住宅の開発に伴う転入増等により増加をしている。

 市によると、利用申請者数は対前年比で1702人増え、過去最多の3万3471人だった。申請率も昨年から2・5ポイント増加し、41・6%となった。5年前と比較すると10ポイント以上増加している。

 認可保育所などの整備や、認定保育園の活用、幼稚園の一時預かりなどで受入枠を拡充したことから、利用児童数は1890人増の3万699人で過去最多となった。

 保育所などの施設数は昨年から32増え、452園で、定員は1953人増の3万435人と拡充したが、利用申請者数には届かなかった。

 市は今年度の取り組みみとして、保育ニーズの高いエリアを中心に認可保育所などの整備促進を図り、1791人分の受け入れ枠確保を進める予定としている。

麻生区版のローカルニュース最新6

水道料金を減免

川崎市

水道料金を減免 社会

台風19号清掃に伴い

11月15日号

旬の野菜、ヘルシーに

旬の野菜、ヘルシーに 社会

19日は特別ランチ

11月15日号

来期重点施策 市長へ提出

区選出市議団

来期重点施策 市長へ提出 政治

交通網整備など8項目

11月15日号

地域の里山で土に親しむ

地域の里山で土に親しむ 教育

虹ヶ丘小児童が芋掘り

11月15日号

地域美化の輪 着々

地域美化の輪 着々 社会

落書き消し活動に50人

11月15日号

和紙ちぎり絵550点

国立新美術館

和紙ちぎり絵550点 文化

本紙持参で入場無料

11月15日号

戦争への思い込め

戦争への思い込め 文化

民藝、三越劇場で12月公演

11月15日号

あっとほーむデスク

  • 9月20日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 5月31日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

聖夜祝うフルートの音色

聖夜祝うフルートの音色

クリスマス公演 今年も

12月2日~12月2日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月15日号

お問い合わせ

外部リンク