麻生区版 掲載号:2019年6月14日号 エリアトップへ

イラストレーターとして6年ぶりとなる個展を都内で開催する アリマ・ジュンコさん本名・森原順子 千代ヶ丘在住 70歳

掲載号:2019年6月14日号

  • LINE
  • hatena

画業50年超え「まだ出来る」

 ○…6月に都内で開催する個展は実に6年ぶり。ライフワークともいえる旅する魔女や蒸気機関車、小動物など「思い入れのある作品ばかり展示するので、最後のプレゼンテーション、集大成的な意味もあります」。穏やかな中にも静かな情熱を燃やし「一般の方はもちろん出版関係の方にも見てもらってお仕事にも繋がれば」と思いを語る。

 ○…童話作家、有馬志津子さんの一人娘として幼少の頃から作画や物語の世界に親しんだ。「母親の作品を聞かせてもらいながら絵ばかり描いて育った」という少女に転機が訪れたのは中学2年。雑誌の付録だった母親の童話集で挿絵として使われ、デビューを果たした。高校時代からは大手出版社による世界の名作童話集に作品を提供するなど仕事が本格化。「大学の時にはギャラで車が買えたんです。本当は母のような童話作家になりたかったんですが」と笑って当時を振り返る。

 ○…現在は子ども2人も独立し、夫と猫、犬と暮らす。日頃から楽しんでいるのは歌や演奏。「ママさんコーラスがきっかけでシャンソンやカンツォーネを始めて、今はギター演奏もやっています」。仲間と老人施設などを訪問し、クラシックや歌謡曲を披露する活動にも熱を入れる。「歌ったり演奏することは絵の創作とオーバーラップしています。でも近所ではイラストレーターではなくギターを持って忙しそうにしている人って思われているかも」と笑う。

 ○…画業50年を超えたが「母の思いにまだ応えられていないし、まだ絵を描く仕事もできる」という思いも込めた久々の個展。「イラストは家に飾られるものではなく世に出すことが大事。多くの人に喜んでもらえることを続けていきたい」。イラストも音楽も、表現する意欲は現役のままだ。

麻生区版の人物風土記最新6

服部 星奈(せな)さん

市内で活動するご当地アイドル「川崎純情小町☆」の新メンバー

服部 星奈(せな)さん

麻生区・中原区担当 

10月18日号

斉藤 ゆき子さん(本名:大槻 之子)

朗読塾「ソフィアの森」を主宰するナレーターの

斉藤 ゆき子さん(本名:大槻 之子)

白鳥在住 57歳

10月11日号

西村 勝行さん

川崎市アートセンターで14日に開幕するミュージカル「ミラクル」の作曲、音楽監督を務める

西村 勝行さん

百合丘在住 68歳

10月4日号

杉浦 輝明さん

麻生ラグビースクールの校長として生徒の育成、競技の普及に努める

杉浦 輝明さん

横浜市青葉区在住 44歳

9月27日号

渡辺 孝一さん

11月開催の「あさおわくわくウォーク」を主催する麻生区青少年指導員会で長を務める

渡辺 孝一さん

上麻生在住 66歳

9月20日号

鈴木 絢子さん

29日に催される「百合丘ふるさとまつり」のメンバーとして企画、運営を行う

鈴木 絢子さん

高石在住

9月13日号

轟(とどろき) 淳次さん

国際ロータリー第2590地区(川崎・横浜)のガバナーに就任した

轟(とどろき) 淳次さん

三和矢崎サービス(株)代表取締役会長 76歳

9月6日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月20日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 5月31日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

秋の歌声喫茶

秋の歌声喫茶

交流館やまゆりで26日

10月26日~10月26日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第159回 シリーズ「麻生の歴史を探る」江戸で人気 禅寺丸柿 後編 文:小島一也(遺稿)

    10月11日号

  • あさおマンスリー

    10月 October

    あさおマンスリー

    麻生区長  多田貴栄

    10月4日号

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第158回 シリーズ「麻生の歴史を探る」江戸で人気 禅寺丸柿 前編 文:小島一也(遺稿)

    10月4日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク