麻生区版 掲載号:2019年7月19日号 エリアトップへ

創作人形作家で7月25日から都内で個展を開催する 三輪 輝子さん 王禅寺西在住 71歳

掲載号:2019年7月19日号

  • LINE
  • hatena

夢詰め込んだ人形づくり

 ○…磁器製で球体関節を持ちドレス等で着飾られた人形、ビスクドール。約150年前ヨーロッパで広まったこの人形を現代に甦らせようと制作を始め、40年以上になる。原型から窯焼き、磨きなどの工程を重ね、一体の制作期間はどんなに短くても3週間。魅力は「明るく美しく、女の人の夢を詰め込められること」と目を輝かせる。

 ○…紙きれに新聞の挿絵を写して遊ぶ、絵を描くのが好きな子どもだった。東京藝大を卒業後はテレビ番組の美術セット制作やデザイン会社で勤務。結婚し子どもも生まれて、何か創作活動をしたいと思っていた矢先、デパートでアンティークドールに出会った。100年以上前に作られたがきれいなままの人形に衝撃を受けた。同時に「こんなに心を動かせるものを誰も作っていないのが悔しかった」。自ら試しに作ったものが高値で売れ、人形作家としてのキャリアがスタート。国内外で展示、販売するなど活動を広げ、今までの制作数は4300体に上る。

 ○…インスピレーションは外出時でも沸き起こる。見かけた人の「手足や唇といった美しいパーツに目がいってしまう。脳裏に焼き付けて創作に生かします」。麻生区には15年ほど前から住む。「緑と都会の良さを兼ね備えた土地はなかなかない。すっかり魅力にハマった」とほほ笑む。

 ○…20年前には伊豆高原に美術館をオープン。15万人以上が来場しているが、都内で気軽に見られる機会を、と今月25日から個展を開催する。展示のために新たに10体以上作り、人形の衣装やヘアセット、アクセサリー、小物にもこだわり尽くす。人形づくりは「生きがい。何千体とイメージを立体にしているのに、完璧に作れたと思ったことがない。でも常に理想を追い求めるのが楽しいの」。

麻生区版の人物風土記最新6

石井 よし子さん

22日開催の「里山フォーラムin麻生」で事務局長を務める

石井 よし子さん

下麻生在住 70歳

2月21日号

井上 聰一(そういち)さん

2019(令和元)年度の川崎市自治功労者に選ばれた

井上 聰一(そういち)さん

下麻生在住 74歳

2月14日号

藤本 加奈さん

麻生市民館で2月15日に開催する「空と、木の実と。」の上映会を企画する

藤本 加奈さん

白鳥在住 34歳

2月7日号

山内(やまのうち) 楓子さん

麻生消防団員で、総務省消防庁の消防団入団促進PRに出演する

山内(やまのうち) 楓子さん

東百合丘在住 20歳

1月31日号

成田 真由美さん

パラリンピック競泳の金メダリストで、東京大会の日本代表入りを目指す

成田 真由美さん

多摩区在住 49歳

1月24日号

矢野 淳一さん

阪神・淡路大震災でのボランティアをきっかけに地域防災に取り組む

矢野 淳一さん

高石在住 66歳

1月17日号

草壁 悟朗さん

川崎商工会議所の会頭に昨年11月就任した

草壁 悟朗さん

幸区在住 66歳

1月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月7日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

一緒に自然を守ろう

一緒に自然を守ろう

里山フォーラム

2月22日~2月22日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月21日号

お問い合わせ

外部リンク