麻生区版 掲載号:2019年7月19日号 エリアトップへ

創作人形作家で7月25日から都内で個展を開催する 三輪 輝子さん 王禅寺西在住 71歳

掲載号:2019年7月19日号

  • LINE
  • hatena

夢詰め込んだ人形づくり

 ○…磁器製で球体関節を持ちドレス等で着飾られた人形、ビスクドール。約150年前ヨーロッパで広まったこの人形を現代に甦らせようと制作を始め、40年以上になる。原型から窯焼き、磨きなどの工程を重ね、一体の制作期間はどんなに短くても3週間。魅力は「明るく美しく、女の人の夢を詰め込められること」と目を輝かせる。

 ○…紙きれに新聞の挿絵を写して遊ぶ、絵を描くのが好きな子どもだった。東京藝大を卒業後はテレビ番組の美術セット制作やデザイン会社で勤務。結婚し子どもも生まれて、何か創作活動をしたいと思っていた矢先、デパートでアンティークドールに出会った。100年以上前に作られたがきれいなままの人形に衝撃を受けた。同時に「こんなに心を動かせるものを誰も作っていないのが悔しかった」。自ら試しに作ったものが高値で売れ、人形作家としてのキャリアがスタート。国内外で展示、販売するなど活動を広げ、今までの制作数は4300体に上る。

 ○…インスピレーションは外出時でも沸き起こる。見かけた人の「手足や唇といった美しいパーツに目がいってしまう。脳裏に焼き付けて創作に生かします」。麻生区には15年ほど前から住む。「緑と都会の良さを兼ね備えた土地はなかなかない。すっかり魅力にハマった」とほほ笑む。

 ○…20年前には伊豆高原に美術館をオープン。15万人以上が来場しているが、都内で気軽に見られる機会を、と今月25日から個展を開催する。展示のために新たに10体以上作り、人形の衣装やヘアセット、アクセサリー、小物にもこだわり尽くす。人形づくりは「生きがい。何千体とイメージを立体にしているのに、完璧に作れたと思ったことがない。でも常に理想を追い求めるのが楽しいの」。

麻生区版の人物風土記最新6

鈴木 絢子さん

29日に催される「百合丘ふるさとまつり」のメンバーとして企画、運営を行う

鈴木 絢子さん

高石在住

9月13日号

轟(とどろき) 淳次さん

国際ロータリー第2590地区(川崎・横浜)のガバナーに就任した

轟(とどろき) 淳次さん

三和矢崎サービス(株)代表取締役会長 76歳

9月6日号

小林 昇さん

川崎市遊技場組合の組合長に就任した

小林 昇さん

(有)三島商事 代表取締役社長 55歳

8月23日号

小泉 清さん

国交省から表彰を受けた早野聖地公園里山ボランティアの会長を務める

小泉 清さん

上麻生在住 71歳

8月9日号

萩坂 心一さん

平和の大切さを継承する市民団体「平和を願う会」で共同代表を務める

萩坂 心一さん

多摩区在住 61歳

8月2日号

永井 和美さん

子育てママの地域ネットワーク「Linkmama」の代表を務める

永井 和美さん

栗平在住 44歳

7月26日号

あっとほーむデスク

  • 6月7日0:00更新

  • 5月31日0:00更新

  • 5月24日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ダッチオーブン講習会

ダッチオーブン講習会

野外料理研究家が講師

10月20日~10月20日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第157回 シリーズ「麻生の歴史を探る」禅寺丸柿誕生 後編 文:小島一也(遺稿)

    9月13日号

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第156回 シリーズ「麻生の歴史を探る」禅寺丸柿誕生 前編 文:小島一也(遺稿)

    9月6日号

  • あさおマンスリー

    9月 September

    あさおマンスリー

    麻生区長  多田貴栄

    9月6日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年9月13日号

お問い合わせ

外部リンク