麻生区版 掲載号:2019年8月9日号 エリアトップへ

区内在住小山仁美さん 防空壕からキクラゲ出荷 「戦争の記憶 知る機会に」

文化

掲載号:2019年8月9日号

  • LINE
  • hatena
防空壕で育ったキクラゲを手にする小山さん
防空壕で育ったキクラゲを手にする小山さん

 戦時中に作られたとみられる防空壕を活用したキクラゲの栽培が区内栗木で行われている。生産者の小山仁美さん(51)=栗木在住=は「過去にあった戦争のことを食卓で話すきっかけにしてもらえたら」と思いを込める。

 区内で建設会社を営む小山さんは6年前、栗木にある山林を購入。近隣住民からかつて山に防空壕があったことを聞かされ、探してみると斜面に横穴を見つけた。ほぼ土で埋まった入口から中に進むと奥行きのある空間が残っていたという。

 小山さんが文献を調べていくと1944年8月、川崎区にあった大島国民学校に通う当時の4、5年生女子児童39人が山林に近い常念寺に疎開していたことが判明。旧日本軍が児童らの避難用に掘った可能性があることも分かったという。

 防空壕は崩落の可能性もあり「危険なので埋め戻すのが一般的ですが、せっかく陽の目を見たものなので残した方が良いと思った」と小山さん。入り口部分を鉄筋で、奥の空間は当時の凹凸が分かるようにコンクリートでそれぞれ補強し、高さと幅約2〜3メートル、奥行き約13メートルの空間となった。

 当初は資料として保存していたが、農家のアドバイスを受け2年ほど前に送風や加湿といった設備を導入し、シイタケの栽培を開始。より効率的に収穫できるということで1年半前からキクラゲ栽培に切り替えた。

 現在この場所では月200キログラムほどが収穫され、「防空壕きくらげ」としてJA直売所のセレサモス麻生店と宮前店のほか、横浜や相模原の直売施設で販売されている。小山さんは「戦争のことを伝える機会が少なくなってきている。商品名としてはマイナスの印象もあると思いますが、多くの人に当時のことを学ぶ機会になって欲しい」と話している。

2日に1回収穫が行われている
2日に1回収穫が行われている

麻生区版のトップニュース最新6

活動の場広げ20年

芸術のまちコンサート

活動の場広げ20年 文化

来月で演奏会145回目

11月20日号

操縦士 昼夜2人体制へ

川崎市消防ヘリ

操縦士 昼夜2人体制へ 社会

国基準、段階的に増員

11月20日号

読響と協力しコンサート

はるひ野町内会

読響と協力しコンサート 社会

会場とオンラインで初開催

11月13日号

年内にワイン醸造開始

農業法人カルナエスト

年内にワイン醸造開始 経済

特区認定受け、免許取得

11月13日号

黒板アートで全国1位

金程中美術部

黒板アートで全国1位 文化

同校から2年連続

11月6日号

在籍者10年で1.5倍

市立小中特別支援学級

在籍者10年で1.5倍 教育

教員数の確保に課題

11月6日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月6日0:00更新

  • 10月30日0:00更新

  • 10月16日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月20日号

お問い合わせ

外部リンク