麻生区版 掲載号:2019年8月30日号 エリアトップへ

障害者支援施設アルデンテ 被災想定しカレー提供 備蓄食料で祭り継続出店

社会

掲載号:2019年8月30日号

  • LINE
  • hatena
上映会でカレーを提供
上映会でカレーを提供

 災害時の避難所設置を想定し、地域活動支援センター「NPO法人アルデンテ」(下麻生)が区内外の祭りに出店を続けている。障害者自身が提供するカレーは、同法人が調理し冷凍保存している備蓄食料だ。

 同法人は取り組みを2009年から開始し、これまで130回以上出店。店番は、施設を利用する障害者が担う。同法人代表理事の矢野淳一さん(65)は出店について「発災直後、避難所の炊き出しに人が押し寄せる状況と、祭りに人が集まる状況は似ている。地域の人や障害を持つ人に被災時を疑似体験してもらうことが目的」と話す。ガスや発電機など調理に必要な器具と、食材を運び出し、避難所での行動を練習。出店は区内町会、自治会の夏祭りのほか、東日本大震災の被災地でも行っている。

ローリングストック実践

 祭りでは、下麻生の施設で調理し冷凍保存で備蓄するカレーを販売。消費と補充を繰り替えし一定の食料を備蓄する「ローリングストック」を実践する。冷凍カレーの具材は水をほとんど使用しない加熱野菜と牛肉。2005年から同施設で作りはじめ、半年未満のサイクルで消費と補充を繰り返す。保健所の検査で細菌がほとんどないことも確認されており、現在は約800食を備蓄する。

 矢野さんは、1995年の阪神淡路大震災で7カ月に渡り被災地で支援を行った経験の持ち主。自身の体験を踏まえ、「被災地になったときは普段とは異なる野外の生活が続く。祭りをきっかけに、町会単位や個人で備蓄や炊き出し道具を揃えることを考えてほしい」と、地域防災の重要性を語る。

野外上映会に出店

 同法人は今月24日に西生田小で開催された、しんゆり映画祭の野外上映会に出店。用意したカレー80食が完売した。また高石町会と一緒に防災アンケートを実施し、来場者に居住地の避難場所や一時避難場所などを尋ねた。矢野さんは「祭りで楽しみながら住む地域の防災を意識してもらいたい」と話している。
 

麻生区版のトップニュース最新6

川崎時代、糸口つかむ

ノーベル賞吉野氏

川崎時代、糸口つかむ 経済

82年 「空白の時間」に発見

10月18日号

8割が「レッド指定」か

土砂災害警戒区域

8割が「レッド指定」か 社会

県、市内6区で調査

10月18日号

機能・役割 検証へ

市立・公的医療8施設

機能・役割 検証へ 社会

井田病院、国から「議論必要」

10月11日号

住宅地 横ばい傾向続く

麻生区基準地価

住宅地 横ばい傾向続く 経済

商業地の伸び 市内トップ

10月11日号

市立校に半年で320万円

学校ふるさと応援寄附金

市立校に半年で320万円 教育

市民から周知不足指摘も

10月4日号

自転車に保険加入義務

自転車に保険加入義務 社会

県条例 10月から本格開始

10月4日号

悲願の全国 納得の演奏を

桐光学園合唱部

悲願の全国 納得の演奏を 教育

来月開催のNコンに初出場

9月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月20日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 5月31日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

秋の歌声喫茶

秋の歌声喫茶

交流館やまゆりで26日

10月26日~10月26日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第159回 シリーズ「麻生の歴史を探る」江戸で人気 禅寺丸柿 後編 文:小島一也(遺稿)

    10月11日号

  • あさおマンスリー

    10月 October

    あさおマンスリー

    麻生区長  多田貴栄

    10月4日号

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第158回 シリーズ「麻生の歴史を探る」江戸で人気 禅寺丸柿 前編 文:小島一也(遺稿)

    10月4日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク