麻生区版 掲載号:2019年9月27日号 エリアトップへ

街角ピアノ、川崎駅前に 市、10月6日まで社会実験

文化

掲載号:2019年9月27日号

  • LINE
  • hatena
演奏を披露した田久保さん
演奏を披露した田久保さん

 道行く人が誰でも自由に演奏できる「ストリートピアノ」が9月14日から、川崎駅東口の商業施設「川崎ルフロン」前に設置されている。

 初日から通行人の耳を楽しませたのは、昭和音楽大学(麻生区)1年の田久保萌夏(もか)さん(18)=幸区在住。この場所にピアノがあることは知らずに通りがかって偶然見つけ、弾きたくなったという。「千本桜」「銀河鉄道999」などの楽曲をアレンジし、力強い音を響かせていた。演奏が終わると、聴いていた女児が「上手だったから」とチョコレートを手渡す一幕も見られた。

 実は田久保さん、高校2年のとき「第19回ショパン国際ピアノコンクール・アジア大会」高校生部門で金賞に輝いた実力者。今まで都庁や横浜・関内でもストリートピアノを弾いたことがあるという。「楽しかった。気軽に演奏を聴いてもらえるのがいい。ピアノも弾きやすかった」と笑顔で語った。

 この取り組みは、市教育文化会館で長年使われてきたピアノを市が活用。東口駅前広場での社会実験の一つとして、10月6日まで実施されている。市によると、ストリートピアノの試みはおそらく市内初という。担当者は「まちのにぎわいや多様な人同士のコミュニケーションが生まれる」と期待を寄せる。

 期間中はピアノに塗装するアート体験会も実施。ほかにも本の交換や夜のDJイベント、週末にはキッチンカーが登場する。時間は午前11時〜午後9時、雨天中止。詳細はフェイスブックページ「社会実験フェス」で更新中。

麻生区版のローカルニュース最新6

禅寺丸柿を植え替え

禅寺丸柿を植え替え 文化

保存会が麻生区役所で

2月21日号

胸が白いカラス舞う

胸が白いカラス舞う 社会

鳴き声も独特

2月21日号

「性別とは何か、自分事に」

「性別とは何か、自分事に」 社会

麻生市民館で上映

2月21日号

支え合いの地域づくり共有

支え合いの地域づくり共有 社会

23日区役所で講演

2月21日号

レビューで川崎に希望を

レビューで川崎に希望を 文化

3月13日から定期公演

2月21日号

ネット申告をPR

ネット申告をPR 経済

川崎西税務署

2月21日号

ガイド案内で歴史散歩

麻生がもっと好きになる

ガイド案内で歴史散歩 教育

2月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月7日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ガイド案内で歴史散歩

麻生がもっと好きになる

ガイド案内で歴史散歩

3月11日~3月11日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月21日号

お問い合わせ

外部リンク