麻生区版 掲載号:2019年10月4日号 エリアトップへ

自転車に保険加入義務 県条例 10月から本格開始

社会

掲載号:2019年10月4日号

  • LINE
  • hatena
保険義務化を伝える麻生警察署員(9月24日、区役所)
保険義務化を伝える麻生警察署員(9月24日、区役所)

 県内の自転車利用者に対し、損害賠償責任保険への加入義務化が今月から始まった。2017年に麻生区で発生した死亡事故や、全国で数千万円の賠償金が請求される自転車事故が増えていることが背景となっている。麻生警察署や市は保険の早急な加入、状況の確認を促している。

 神奈川県は今年4月、保険加入義務を盛り込んだ「自転車の安全で適正な利用の促進に関する条例」を施行。猶予期間を経て10月から本格的にスタートさせた。

区内事故減少も啓発強化

 麻生区では17年、「ながらスマホ」により歩行中の女性に衝突し死亡させた交通事故が発生。麻生警察署は、信号無視や2人乗り、傘の使用といった危険運転の注意と取り締まりを強めてきた。

 区内の自転車事故件数でみると、18年の86件は前年から23件減少。今年も昨年を下回る件数で推移するなど一定の効果を上げている。

 麻生警察署交通課の署員は「今回の県条例に罰則は設けられていないが、高額な賠償案件は多いので保険加入を強く訴えていく必要がある。対象が未成年の場合は保護者に責任が発生するので他人事とは思わないで欲しい」と話す。

 保険加入の義務化が始まった一方で、加入状況を確認できていない人は多い。市地域安全推進課は「まず自分が保険に加入しているか否かを確認してほしい」と話し、市や県が公表している加入状況確認シートの活用を促している。

 川崎市は3月、市民アンケートの結果を公表。自転車の利用について、保険加入率は50・5%、加入しているか「わからない」が11・3%だった。市は利用者の意識が低いことが要因として、県条例を契機に交通キャンペーンの啓発活動などで加入を訴えている。

自転車生活サポート

ご家族みんなの自転車ロードサービスに、賠償事故に備える保険が付いて安心!

https://www.jcom.co.jp/service/bicycle/

<PR>

麻生区版のトップニュース最新6

川崎時代、糸口つかむ

ノーベル賞吉野氏

川崎時代、糸口つかむ 経済

82年 「空白の時間」に発見

10月18日号

8割が「レッド指定」か

土砂災害警戒区域

8割が「レッド指定」か 社会

県、市内6区で調査

10月18日号

機能・役割 検証へ

市立・公的医療8施設

機能・役割 検証へ 社会

井田病院、国から「議論必要」

10月11日号

住宅地 横ばい傾向続く

麻生区基準地価

住宅地 横ばい傾向続く 経済

商業地の伸び 市内トップ

10月11日号

市立校に半年で320万円

学校ふるさと応援寄附金

市立校に半年で320万円 教育

市民から周知不足指摘も

10月4日号

悲願の全国 納得の演奏を

桐光学園合唱部

悲願の全国 納得の演奏を 教育

来月開催のNコンに初出場

9月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月20日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 5月31日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

実例から学ぶ地域づくり

実例から学ぶ地域づくり

牧岡英夫さん講演会

10月20日~10月20日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第159回 シリーズ「麻生の歴史を探る」江戸で人気 禅寺丸柿 後編 文:小島一也(遺稿)

    10月11日号

  • あさおマンスリー

    10月 October

    あさおマンスリー

    麻生区長  多田貴栄

    10月4日号

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第158回 シリーズ「麻生の歴史を探る」江戸で人気 禅寺丸柿 前編 文:小島一也(遺稿)

    10月4日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク