麻生区版 掲載号:2019年10月11日号 エリアトップへ

禅寺丸柿 古来手法で収穫 親子ら28人参加

社会

掲載号:2019年10月11日号

  • LINE
  • hatena
「いっぱい柿がとれたよ」
「いっぱい柿がとれたよ」

 800年以上前に王禅寺の山中で発見され「柿生」の由来となった禅寺丸柿を収穫する体験が、10月5日に黒川の農家で開催された。

 柿もぎ体験は毎年実施され、区と麻生観光協会(立川勲会長)が主催、柿生禅寺丸柿保存会(飯草康男会長)が協力。今年は193人から応募があり、抽選で選ばれた親子ら28人が参加した。

 当日は、昔から使われているという先の割れた竹の棒「ばっぱさみ」を使って収穫。柿の枝に竹の先端を差し込み、一ひねりして枝ごと実を取るという仕組みだ。長い竹棒の扱いに悪戦苦闘していた参加者だったが、コツをつかむと狙った実をスムーズに取れるように。父親と参加した3歳の男の子=区内在住=は、柿7個を収穫。父親は「地元の名産を、珍しい方法で収穫できて楽しかった」と感想を話していた。

 近隣の畑でサツマイモの収穫体験も行われ、参加者は地元でとれた秋の味覚を両手いっぱいに持ち帰った。

高所の柿も「ばっぱさみ」でもぎ取り
高所の柿も「ばっぱさみ」でもぎ取り

麻生区版のローカルニュース最新6

『差別』って何ですか

インタビュー

『差別』って何ですか 社会

和光大学現代社会学科 挽地康彦教授に聞く【1】

7月3日号

福祉まつりも中止に

福祉まつりも中止に 社会

コロナ影響で

7月3日号

ロータリー 新人事

ロータリー 新人事 社会

7月1日付け

7月3日号

市民館ホール抽選

市民館ホール抽選 文化

次年7月、8月分

7月3日号

野菜ソムリエに学ぶ

野菜ソムリエに学ぶ 社会

14日 「菜食健美カフェ」

7月3日号

自宅で気軽に体操を

自宅で気軽に体操を スポーツ

シニアライフ振興財団が動画を配信

7月3日号

あっとほーむデスク

  • 6月19日0:00更新

  • 5月15日0:00更新

  • 5月1日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月3日号

お問い合わせ

外部リンク