麻生区版 掲載号:2020年1月17日号 エリアトップへ

阪神・淡路大震災でのボランティアをきっかけに地域防災に取り組む 矢野 淳一さん 高石在住 66歳

掲載号:2020年1月17日号

  • LINE
  • hatena

シナリオ変えるのは自分

 ○…下麻生の地域活動支援センター「NPO法人アルデンテ」の代表理事を務め、被災地支援や自身が住む高石をはじめ麻生区の地域防災に取り組んでいる。「被災地になったら元に戻れる保証のない生活が始まる。大きな災害が起きていない麻生だからこそ、あらゆる想定をしながらできることがある」と語る。

 ○…美大時代からドーム型遊具やいかだ、ゴム動力車などを三層段ボールで制作し、20年ほど活動。1995年1月17日に阪神・淡路大震災が発生。発災から10日目、被害が激しかった神戸市長田区真野地区から「段ボールで家具ができませんか」と依頼があり、現地へ。物であふれ返る避難所で少しでも快適に過ごせるよう、仕切りや収納として段ボール製の棚や机といった家具を作り、ノウハウを被災者に教えた。テント生活をしながら7カ月活動し、「まちは長屋みたいなもので、まちづくりに近隣との関係が欠かせない」と気づきを得た。

 ○…震災のボランティアから「潮目が変わり」、麻生区に戻ってからは自身が住むまちの課題解決に奔走。近隣住民と協力し、自宅近くの私道の公道移管を果たした。「お隣と協力して変えられるんだ」と実感した。「アルデンテ」では、補充と消費を繰り返し一定の食糧を備蓄する「ローリングストック」を実践。冷凍保存のカレーを作って備蓄し、東日本大震災の被災地や区内の夏祭りなどで振舞っている。

 ○…高石での生活は約30年。地域の祭りでは、「野次馬みたいなもの」と笑いつつ、防災マップを貼り出して避難所のアンケートをとるなど住民に防災意識を問う。「住民自身が、住む地域に何を望むかがすごく大事。自分たちで希望するシナリオを作っていい」と確かな芯をもって語る。

麻生区版の人物風土記最新6

立川 志らぴーさん(本名:片桐 悠吾)

麻生市民交流館やまゆりでワンコイン落語会を開催している

立川 志らぴーさん(本名:片桐 悠吾)

町田市在住 27歳

3月27日号

丸山 喬平さん

第23回「岡本太郎現代芸術賞展」で入選した

丸山 喬平さん

王禅寺西在住 32歳

3月13日号

谷添 照美さん

劇団アットリーチェ代表を務める

谷添 照美さん

王禅寺在住 

3月6日号

石井 よし子さん

22日開催の「里山フォーラムin麻生」で事務局長を務める

石井 よし子さん

下麻生在住 70歳

2月21日号

井上 聰一(そういち)さん

2019(令和元)年度の川崎市自治功労者に選ばれた

井上 聰一(そういち)さん

下麻生在住 74歳

2月14日号

藤本 加奈さん

麻生市民館で2月15日に開催する「空と、木の実と。」の上映会を企画する

藤本 加奈さん

白鳥在住 34歳

2月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月6日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年4月3日号

お問い合わせ

外部リンク