麻生区版 掲載号:2020年5月22日号 エリアトップへ

麻生中特別支援級 オンラインで授業試行 【Web限定記事】 新たな可能性広がる

教育

掲載号:2020年5月22日号

  • LINE
  • hatena
オンライン授業の様子=学校提供
オンライン授業の様子=学校提供

 新型コロナ対応のため、休校となっている川崎市内の小中学校では、課題配布や臨時登校など様々な対応で児童、生徒が学習できる環境を整えてきた。そんな中、麻生中学校(大和田徹校長)は特別支援級でオンライン授業を5月7日から行っている。対人関係が苦手な生徒も落ち着いて授業を受けられるなど、当初考えていた以上の成果がでているという。

 同校の特別支援級には今年度から新しく入った3人を含め5人が在籍している。4月の緊急事態宣言以降、生徒たちは週1回の個別相談日に登校し、体調、健康の確認や学習の状況など先生から指導を受けていた。

 オンライン授業は、支援教育コーディネーターで特別支援級を担当する河田貴一教諭らが中心となって準備し、開始した。これまでは課題を定期的に配布していたが、生徒たちから「もう飽きたよ」という言葉がきっかけで、オンラインによる授業に踏み切った。「文科省から、『平常時のルールにとらわれることなく、積極的に活用してほしい」という通達もあり、また大和田校長に相談したところ、『やりたいようにやっていい」と承諾を得て準備を始めました」と河田教諭。

 授業は生徒5人のほか、支援級の担当教諭3人と各教科担任の9人で行われる。先生から一方通行の声だけでなく、生徒から先生、生徒同士の声がそれぞれのイヤホンに届く双方向を採用。4月上旬の入学式・始業式で会って以来、久しぶりに全員が顔を揃えた初日のオンライン授業では、双方向性を活かして自己紹介や係決めを行う学活を実施した。その後は英語や数学など通常科目を毎日30分の授業を1コマ行い、5月18日から2コマに増やした。

 通常の授業とは違い、直接指導できないので、『見せる工夫』が必要だという。「飽きさせないようにすることが大切で、またノートを取れるように事前にプリントを配布するなど、これまでにない工夫が必要と感じた」と話す。

 大和田校長は「学校が再開されれば、通常通り学校で授業を開始します。しかし、今回得た知識や経験を生かして、クラスで一緒に勉強することが苦手な生徒に対して、オンライン授業が新しいアプローチ方法になるのではないかと考えています」と話している。
 

麻生区版のトップニュース最新6

救急出動6年ぶり減少

麻生区

救急出動6年ぶり減少 社会

遠因に新型コロナの影響

1月22日号

百年超の風物詩も断念

ダルマ市

百年超の風物詩も断念 文化

関係者「苦渋の決断」

1月22日号

見守り活動冊子発行

三井百合丘第二自治会

見守り活動冊子発行 社会

田調大と連携し独自活動

1月15日号

市立小へ導入足踏み

フッ化物洗口

市立小へ導入足踏み 教育

市教委、コロナ対応優先で

1月15日号

同機種無線使い連携

4自治会・町内会

同機種無線使い連携 社会

災害時の情報共有ねらい

1月8日号

活力あるまちづくりを

新春インタビュー

活力あるまちづくりを 社会

多田区長、2021年を語る

1月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 11月27日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク