麻生区版 掲載号:2020年7月31日号 エリアトップへ

ミューザ川崎 触る模型でホールを体感 視覚障害者らサポート

文化

掲載号:2020年7月31日号

  • LINE
  • hatena
左右対称ではない形が体感できる
左右対称ではない形が体感できる

 ミューザ川崎シンフォニーホール(幸区大宮町)は視覚障害者への「情報保障」「鑑賞サポート」を目的に、触ることができるホールの模型を制作。7月23日からホールのロビーで来場者に公開を始めた。当面は新型コロナウイルス感染症拡大防止のためカバーをかけての展示となる。

 ミューザのホールはヴァンヤード(ぶどう畑)形式と呼ばれる複雑なスパイラル構造をしており、その独特な形状から座る位置によって音の聞こえ方が違ってくる。視覚障害のある人がこの模型を触り、ホールの形を体感することで、客席に座って聞くだけではわからない臨場感を得られるという。

 模型は横73cm、奥行き51・5cm、高さ29cm。プラスチック板、MDF板、樹脂素材、木製パネルを使用。スパイラル構造を体感できるように、ホール内のスロープになっている部分はザラザラした感触、平らな部分はツルツルした感触になっている。触りやすさを考え、4階エリアやパイプオルガンは取り外しができる。

 同取り組みは川崎市がすすめる「かわさきパラムーブメント」の一環。同ホールのスタッフが海外旅行先で訪れた美術館の「触れる模型」をヒントに、3年前から(一社)日本舞台美術家協会と打ち合わせを重ね、完成に至った。

 担当者は「視覚に障害のある方だけでなく、幅広い方々に楽しんでもらえれば」と話した。

麻生区版のローカルニュース最新6

区民と一緒にまちづくりを

三瓶新区長インタビュー

区民と一緒にまちづくりを 社会

新型コロナ・災害対応など語る

4月9日号

2年ぶりに区民講師講座

2年ぶりに区民講師講座 社会

1回目は「インスタ」活用法

4月9日号

声に出す楽しさ体験

声に出す楽しさ体験 文化

講座「初めての朗読」

4月9日号

特技を地域で発表

特技を地域で発表 社会

登録者募集中

4月9日号

公共施設に給水スポット

公共施設に給水スポット 社会

市、マイボトル普及へ

4月9日号

はんこ廃止、4月から

川崎市

はんこ廃止、4月から 社会

オンライン化推進で

4月9日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月9日0:00更新

  • 3月19日0:00更新

  • 3月12日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

黒川で「ピザ焼き体験」

黒川で「ピザ焼き体験」

GWに野外活動センターで

5月3日~5月5日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月9日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter