麻生区版 掲載号:2020年9月18日号 エリアトップへ

区市民提案型協働事業 子どももシニアも「顔見知り」 食育通じて世代交流

コミュニティ社会

掲載号:2020年9月18日号

  • LINE
  • hatena
交流する参加者=9日
交流する参加者=9日

 「多世代交流型の居場所づくり」を目的とした事業「ふらっとリビング」が、今月から栗平駅前のカフェで始まった。食事やワークショップを通じて、子どもをはじめ大学生、高齢者らが交流し顔見知りの関係をつくることを目指す。今年度、区協働で取り組み、他地域にも広がるモデルケースをつくりたい考えだ。

 事業発足のきっかけは、栗平駅周辺で不動産会社、行政、地元農家、地域団体が協力して美化活動や地産地消促進を行う「小田急のくらし部」の活動。普段は個々の活動が中心だが、多世代が集う全体交流会の姿に「ヒントを得た」。そう話すのは、区内で食育イベントを行う団体「ふらっと新百合ヶ丘」の中村ふみよさん(38)。隣近所の人たちが楽しそうに交流する姿に、中村さんは「子育て世代やシニア世代との関係希薄化を防ぎ、多世代が互助できるコミュニティーづくりになれば」と事業を発案。月1回の実施で「顔見知り」を増やすことを目指す。

 今年6月には「実施することで地域のつながりが深まる」として、麻生区市民提案型協働事業に選定。契約額は69万7760円。

 今月9日の初回には、小学生や明治大学農学部本所靖博ゼミの学生に加え、近隣の栗平白鳥自治会のメンバーらがサポートシニアとして参加。大学生による野菜クイズや折り紙体験のほか、区内野菜で作った「ビビンバ丼」の食事、絵本の読み聞かせが行われた。同自治会の玉木廣さん(71)は「普段あまり接しない人と話せて楽しかった」と感想を語った。

 中村さんは「子どもとすぐ仲良くなれる大学生のエネルギーや自治会の人の親切を感じ、顔の見える存在って大事だなと改めて思った」と語る。

 他の地域への波及効果も見込む。「マニュアルを応用してもらい、他でも多世代交流の場ができれば」と中村さんは話している。次は10月14日。
 

エルミの感謝祭

10月23日から25日まで、カード会員さまだけのおトクな3日間

https://www.odakyu-sc.com/l-mylord/

<PR>

麻生区版のトップニュース最新6

2人、1団体を表彰

区地域功労賞

2人、1団体を表彰 社会

長年の活動を評価

10月23日号

市、6年ぶり「対象」か

地方交付税

市、6年ぶり「対象」か 経済

税収大幅減で来年度

10月23日号

地域で守る文化遺産

柿生郷土史料館

地域で守る文化遺産 文化

来月、開館10周年

10月16日号

商業地の伸び鈍化

麻生区基準地価

商業地の伸び鈍化 経済

住宅地は1.4%のマイナス

10月16日号

映画と街に添い、再始動

しんゆり映画祭

映画と街に添い、再始動 文化

昨年の問題検証を実施

10月9日号

「医療に寄付」3千万円超

ふるさと納税

「医療に寄付」3千万円超 社会

市、税収流出に歯止め

10月9日号

川崎市薬剤師会

お薬手帳の上手に使うためのコツあります!

http://www.kawayaku.or.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月16日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

  • 9月11日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

多彩な菊がお目見え

多彩な菊がお目見え

11月2日から 市民館

11月2日~11月14日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月23日号

お問い合わせ

外部リンク