麻生区版 掲載号:2020年9月25日号 エリアトップへ

「中3最後」 総体が開幕 市内で15種目、17競技

スポーツ

掲載号:2020年9月25日号

  • LINE
  • hatena
久しぶりの試合に喜ぶ選手たち(19日、多摩スポーツセンター)
久しぶりの試合に喜ぶ選手たち(19日、多摩スポーツセンター)

 川崎市中学校総合体育大会(市中学校体育連盟など主催)が9月19日から市内各地で始まった。全国大会や地区予選大会が中止になる中、この大会が今季唯一の公式戦となる種目も多い。大会は10月18日まで、全15種目、17競技で開催。

 初日の19日、多摩スポーツセンター野球場(多摩区)では野球の第1試合で稲田中学校と南菅中学校が対戦。両チームとも昨年秋以来の公式戦で、「この大会ができて本当に良かった。選手たちには”けじめ”になったのでは」と稲田中の佐藤孝之監督。

 約3カ月の休校中、チームでの練習はなく、各個人が連絡を取り合いながら練習を続けた。稲田中の澤口真翔主将は「何もできないまま終わってしまうのかと、とても不安だった」と振り返る。6月の学校再開後も部活動はできない状況が続き、全体で練習ができるようになったのは7月からという。

 南菅中の小林崇監督も「3年生は宙ぶらりんの状況が続き、目標も見いだせない状況だったが、この大会で次に進めるきっかけになった」と話す。中島悠河主将も「最後の試合になってしまったけど、できてよかった。これからは受験勉強に専念したい」とコメントした。

 手指消毒の徹底、3密回避など選手、保護者に対して会場ごとに感染防止対策が取られている。

最後の公式戦、ベンチも白熱する(同)
最後の公式戦、ベンチも白熱する(同)

麻生区版のローカルニュース最新6

校庭でポニーとふれあい

校庭でポニーとふれあい 教育

「寺子屋あさお」が麻生小で

10月15日号

記念講演「俳句を楽しむ」

記念講演「俳句を楽しむ」 文化

麻生区文化祭「俳句大会」で

10月15日号

新百合に全日本プロレス

新百合に全日本プロレス スポーツ

22日、初の主催大会

10月15日号

今季も「攻めて勝つ」

バレー女子NEC

今季も「攻めて勝つ」 スポーツ

山内主将が意気込み

10月15日号

多様性重視 残る課題

検証 福田市政㊦

多様性重視 残る課題 政治

継続・発展性の追求を

10月15日号

高齢者の就労を支援

高齢者の就労を支援 社会

川崎市シルバー人材センター

10月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月15日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

  • 9月24日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ヤマユリの植え替え実演

ヤマユリの植え替え実演

11月10日 麻生市民館で

11月10日~11月10日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook