麻生区版 掲載号:2020年10月30日号 エリアトップへ

連載 79 市民理解が得られないお金の使い方 その1 学校用地の取得 みらい川崎市議会議員団 こば りか子

掲載号:2020年10月30日号

  • LINE
  • hatena

 第5回定例会・決算審査特別委員会では様々な課題が浮き彫りになりました。まずは「新川崎地区小学校新設用地の取得」についてです。

 幸区新川崎地区で大規模マンションの複数建設に伴い、小学校の開校が建設計画の遅れで平成29年から令和7年度まで先送りされ、その結果、地価の値上がりで土地代が約5億円、設計のやり直しで約1億円など合計約8億円の増額となり、しかも土地の購入金額は学校建設用地では過去最高の80億円超でした。ちなみに、はるひ野小中の取得金額は約32億円です。

 学校用地面積についても、マンション業者から指定された土地の規模が市内小学校平均よりかなり広いうえ、形状が不整形で接道部分が少ないとの理由で約1億3600万円の『残地補償』の支払いも発生。整形地になるよう購入予定地の縮小や学校と残地の位置の入替え等の交渉を行うよう提言もしましたが、この土地購入に関する契約は平成24年1月に行われ、さらに『教育環境整備推進会議』摘録では取得用地の区画や形状、日照問題等について疑義があったものの「事業者からこの形状でないと採算がとれないといわれた」との報告で了承され、そのまま基本協定書が結ばれました。しかし、この基本協定書には、残地補償に関する記述はありません。この残地補償は、文教委員会での審査でも「土地の形状について地権者の経営判断で示された土地であれば市民の理解は得にくい」との指摘もありましたが、子どもたちの教育環境改善のために令和7年までに開校する必要があり、これ以上先延ばしできないとの説明もあり、やむを得ず承認することと判断。しかし代表討論では、『この形状でないと採算がとれず厳しい』とする業者の意向を反映した契約について「事業者が残地補償料を当てにして市と交渉していると捉えられても致し方ない。こうした不明瞭な取引が行われないよう、市民が納得できる根拠を示したうえで今後は取引を進めること」を要望し、この議案を承認しました。

 次回は、病院事業会計の不認定について報告します。
 

みらい川崎市議会議員団 木庭理香子

TEL:044-299-7360

http://www.koba-rikako.com

麻生区版の意見広告・議会報告最新6

市病院局による不正会計と公文書改ざん明らかに

連載 80 市民理解が得られないお金の使い方 その2

市病院局による不正会計と公文書改ざん明らかに

みらい川崎市議会議員団 こば りか子

11月13日号

学校用地の取得

連載 79 市民理解が得られないお金の使い方 その1

学校用地の取得

みらい川崎市議会議員団 こば りか子

10月30日号

あなたの税の使いみちをチェック〜決算審査

議会報告

あなたの税の使いみちをチェック〜決算審査

みらい川崎市議会議員団 鈴木朋子

10月23日号

地域の価値をつくるもの

市政報告

地域の価値をつくるもの

みらい川崎市議会議員団 鈴木朋子

8月28日号

コロナ禍の医療・教育について

議会報告

コロナ禍の医療・教育について

みらい川崎市議会議員団 鈴木朋子

7月10日号

緊急事態宣言下の川崎市は今

市政報告

緊急事態宣言下の川崎市は今

みらい川崎市議会議員団 鈴木朋子

5月1日号

あっとほーむデスク

  • 11月27日0:00更新

  • 11月6日0:00更新

  • 10月30日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

女性・子どものため活動20年

NPO法人花みずき

女性・子どものため活動20年

 記念コンサート開催

12月5日~12月5日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年12月4日号

お問い合わせ

外部リンク