麻生区版 掲載号:2020年11月6日号 エリアトップへ

「一期一会」の電子音楽体験 28日 昭和音大生が企画

文化

掲載号:2020年11月6日号

  • LINE
  • hatena
音響調整についての勉強会=同大提供
音響調整についての勉強会=同大提供

 「スピーカーのオーケストラ」とも称される音響システム「アクースモニウム」の演奏会が11月28日(土)、昭和音楽大学で開催される。楽器の生演奏のように、電子音楽を時間と空間で共有する体験を同大の学生が企画、運営する。

 アク―スモニウムとは、電子音楽をコンサートで上演するツールとして1974年に誕生した音響システム。奏者は電子音楽を再生しながら、会場に合わせて配置されたスピーカーの音量を音響調整卓で調整。空間の特性や作品の変化にあわせて、スピーカー一つひとつから発せられる音の強さ、空間、音色、拍節をコントロールする。

 演奏会は展示・体験とライブの2本立て。観客自身による音響調整卓の操作やスピーカー周辺歩行など、アクースモニウムを「生」で体験。その後のライブセッションでは、3回のテーマに分けて電子音楽の変遷を紹介。当日は29個のスピーカーを使用。音を純粋に楽しむために、真っ暗な空間の中で行われる。

音の立体感楽しんで

 企画制作、運営は、同大で演奏会の制作や企画を学ぶアートマネジメントコースの3年生7人。制作担当の 宮地優菜さんは「今クラシック音楽の演奏会をやろうとしたら制限も多い。でも、いつもと勝手が違うからこそ生まれた」と語る。

 演奏者が少ないことや、大量のスピーカーを使用するため、アクースモニウムの演奏会自体は多くはない。演奏会の珍しさに加え、「『いつでも・どこでも聞ける』電子音楽を、一回限りのライブ体験で楽しめる」のが聴きどころだと宮地さん。同じく制作の河端みなみさんは「ライブ3つは時代ごとに使用されていた機材が違うなど、変遷が学べる。3公演まとめて聞くのもおすすめです」と胸を張る。

 制作メンバーは「会場自体が一つの作品。立体感のある音楽を楽しめるので、新しいものを見たい方はぜひ体感してほしい」と呼びかけている。

 会場は南校舎1階スタジオブリオ(新百合ヶ丘駅南口徒歩4分)。午前10時開場、午後7時閉場。ライブは午後1時、3時、5時からの3回で、有料配信も予定。体験とライブ1回で1500円。購入窓口など詳細は演奏会の公式サイト。

演奏会の看板をもつ河端さん(右)と宮地さん
演奏会の看板をもつ河端さん(右)と宮地さん

麻生区版のローカルニュース最新6

今年は"ひと味ちがう"ジャズ

今年は"ひと味ちがう"ジャズ 文化

8日、音大生企画公演

4月16日号

13年目の春がきた

13年目の春がきた 文化

18日開幕、5月16日まで

4月16日号

3世代で、縁の下の力持ち

3世代で、縁の下の力持ち 文化

アートボランティア“柴田ファミリー”

4月16日号

やまゆりで「フラ」体験

やまゆりで「フラ」体験 文化

23日、区民講師講座

4月16日号

地元野菜に長蛇の列

小田急×地元農家

地元野菜に長蛇の列 社会

直売企画 2回目も盛況

4月16日号

性暴力根絶へ、50人が訴え

性暴力根絶へ、50人が訴え 社会

川崎駅前でフラワーデモ

4月16日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月16日0:00更新

  • 4月9日0:00更新

  • 3月19日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

黒川で「ピザ焼き体験」

黒川で「ピザ焼き体験」

GWに野外活動センターで

5月3日~5月5日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter