麻生区版 掲載号:2020年11月13日号 エリアトップへ

農業法人カルナエスト 年内にワイン醸造開始 特区認定受け、免許取得

経済

掲載号:2020年11月13日号

  • LINE
  • hatena
岡上に建設中の醸造所を前に立つ山田さん
岡上に建設中の醸造所を前に立つ山田さん

 農業生産法人(株)カルナエスト代表取締役の山田貢さん(岡上在住)が今月5日、川崎市内の農家で初めて果実酒製造免許を取得。生産から醸造を市内でまかなうワインの醸造を年内にも始め、来春にも誕生予定だ。

 今回の免許取得は、今年3月に麻生区、多摩区、宮前区が認定された「かわさきそだちワイン特区」を受けたもの。酒税法により、果実酒製造は年間6千リットル(750ミリのボトル8千本に相当)の最低数量基準がある。特区内では、特定農業者が生産した農産物を原料とする酒を、少量でも自前で醸造し、運営する飲食店などに限り提供可能だ。

 「都市農業を仕組みから変えたい」と、生産から加工、販売を一体化した6次産業化に取り組んできた同法人。地元農産物を使ったレストラン経営や、産学連携のクラフトビールやジャムといった加工品づくりなどに着手してきた。ワイン作りは、2013年からブドウ栽培を始め、18年には都内の醸造所で仕込まれたロゼワインが完成。山田さんは原料の生産地と醸造地が同じ市内の「川崎ワイン」を作ろうと進めてきた。

 免許取得について山田さんは「とにかく大変だった」と苦労を滲ませる。国税局による調査では、会社や醸造技術に関することに加え、キャリアについて答えることも。「ギリギリまでどうなるかわからなかった」と、無事免許を受け取り安堵する。

 岡上に醸造施設をつくり、年内にも醸造を開始。来年春には完成させたいという。すでにブドウ70キロを収穫。50リットル分の製造を見込む。「2020年の今年をワインの生まれ年にしたかった」と山田さん。「ワイン作りで、農家の次の段階へ可能性を示していきたい」

麻生区版のトップニュース最新6

救急出動6年ぶり減少

麻生区

救急出動6年ぶり減少 社会

遠因に新型コロナの影響

1月22日号

百年超の風物詩も断念

ダルマ市

百年超の風物詩も断念 文化

関係者「苦渋の決断」

1月22日号

見守り活動冊子発行

三井百合丘第二自治会

見守り活動冊子発行 社会

田調大と連携し独自活動

1月15日号

市立小へ導入足踏み

フッ化物洗口

市立小へ導入足踏み 教育

市教委、コロナ対応優先で

1月15日号

同機種無線使い連携

4自治会・町内会

同機種無線使い連携 社会

災害時の情報共有ねらい

1月8日号

活力あるまちづくりを

新春インタビュー

活力あるまちづくりを 社会

多田区長、2021年を語る

1月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 11月27日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク