麻生区版 掲載号:2020年11月27日号 エリアトップへ

JAセレサ川崎 こども食堂に新米寄贈 10会場運営するNPOへ

社会

掲載号:2020年11月27日号

  • LINE
  • hatena
米俵を手渡す梶福組合長(中央左)と俵理事(同右)、学生スタッフ
米俵を手渡す梶福組合長(中央左)と俵理事(同右)、学生スタッフ

 JAセレサ川崎(原修一代表理事組合長)は11月19日、「みんなのよい食プロジェクト」の一環として、こども食堂を運営するNPO法人アイゼン(俵隆典理事)に麻生区産の新米を贈呈した。

 このプロジェクトはJAグループが取り組んでいる活動で、JAセレサ川崎では例年、農業体験や料理教室など年間60プログラム以上を展開している。今年は新型コロナのため中止を余儀なくされたが、稲の栽培は行われ、多くの新米を収穫した。こうした中、地域活動に役立ててもらおうと、麻生・多摩の両区で10会場のこども食堂を運営、協力する同団体に新米120kgを贈呈した。

 セレサモス宮前店で行われた贈呈式でJAセレサ川崎の梶稔代表理事副組合長は「多くの子どもたちに届けてほしい」とあいさつした。アイゼンの俵理事は、「地元の学生スタッフ40人ほどが常時手伝ってくれています。共働きが増えている中、子どもたちに食の機会を与えることで、働く母親にとって少し気が休まる場所になれば」と活動の意義を話した。

麻生区版のローカルニュース最新6

はじめてのヨガ体験

【Web限定記事】しんゆり交流空間リリオス

はじめてのヨガ体験 社会

3月27日 体を動かしてリラックス

3月5日号

乾物でおいしい防災食

乾物でおいしい防災食 社会

リンクママが調理紹介

3月5日号

春の旧黒川村を歩く

春の旧黒川村を歩く 文化

4月12日 麻生の歴史散策

3月5日号

東柿生小 石井さんが金賞

川崎西法人会

東柿生小 石井さんが金賞 教育

税の絵はがきコンクール

3月5日号

「なぜ日本で英語講師に」

「なぜ日本で英語講師に」 文化

市民館主催 オンライン講演

3月5日号

クリスマスローズ講習

クリスマスローズ講習 社会

7日、岡上 季の庭で

3月5日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月26日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

研修会で詐欺防止へ

研修会で詐欺防止へ

動画上映・講演会も

3月12日~3月12日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    シリーズ「鶴見川流域の中世」中世人の生活の舞台としての鶴見川【6】 「鶴見寺尾絵図2」【2】文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

    2月26日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年3月5日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク