麻生区版 掲載号:2020年11月27日号 エリアトップへ

新百合ヶ丘駅周辺 サプライズで壁に投影 点灯式代替でメッセージ

社会

掲載号:2020年11月27日号

  • LINE
  • hatena
壁面を使い、動画を上映=21日、新百合ヶ丘駅前
壁面を使い、動画を上映=21日、新百合ヶ丘駅前

 今年で14回目となる新百合ヶ丘駅周辺のイルミネーション「kirara@アートしんゆり」(同実行委員会主催=小島龍彦実行委員長)が11月21日、初の試みとして建物の壁面を使ったサプライズカウントダウン」を行った。「3密を避けるため、予告なしに行ったが、生活を支えている人たちに”感謝”の思いを届けたかった」と同団体。

 毎年、点灯式には多くの人が参集するが、同実行委員会の会議では新型コロナ感染症のため、今年は中止し自動で点灯する予定で準備が進められていた。しかし、「医療従事者など我々の生活を支えてくれている人たちへ感謝の気持ちを伝えたい」と委員の1人が発案。新百合ヶ丘駅のペデストリアンデッキに面する建物の壁面を使い、動画でメッセージを上映することに変更となった。

 当日は、壁面から約80メートル離れたペデストリアンデッキ上にプロジェクターを設置。600インチのスクリーンを作り出した。映像では小島実行委員長や多田貴栄麻生区長が、「感謝」をテーマにメッセージを送ったほか、麻生区を紹介する動画が上映。後、カウントダウンと共に光がともった。

 小島実行委員長は「こんな時だからこそイベントを行いたかったが、やはり3密はになるのは危険。日本映画大学の技術や、みなさんの多大な協力により、メッセージを伝えられてよかった」と話していた。

 イルミネーションは、ペデストリアンデッキ中央に感謝の気持ちを表した赤いリボンデザインのメインツリーを設置。トンネル型の装飾やオリーブの木々、北口の川崎市アートセンター前の並木にも飾られた。

 このイルミネーションは、午後5時から午前0時まで点灯。期間は来年2月14日まで。

麻生区版のトップニュース最新6

救急出動6年ぶり減少

麻生区

救急出動6年ぶり減少 社会

遠因に新型コロナの影響

1月22日号

百年超の風物詩も断念

ダルマ市

百年超の風物詩も断念 文化

関係者「苦渋の決断」

1月22日号

見守り活動冊子発行

三井百合丘第二自治会

見守り活動冊子発行 社会

田調大と連携し独自活動

1月15日号

市立小へ導入足踏み

フッ化物洗口

市立小へ導入足踏み 教育

市教委、コロナ対応優先で

1月15日号

同機種無線使い連携

4自治会・町内会

同機種無線使い連携 社会

災害時の情報共有ねらい

1月8日号

活力あるまちづくりを

新春インタビュー

活力あるまちづくりを 社会

多田区長、2021年を語る

1月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 11月27日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク