麻生区版 掲載号:2021年1月1日号 エリアトップへ

市民団体「あさおのSDGs」代表を務める 今井 雄也さん 上麻生在住 43歳

掲載号:2021年1月1日号

  • LINE
  • hatena

手渡せる未来を作り出す

 ○…「子どもたちに”手渡したい未来”を作りたい」。20年9月に市民団体『あさおのSDGs』を立ち上げた。押し付けるのではなく、相手に選択の余地を与えるために「手渡す」という言葉を使う。「10年後、どんな街を手渡せるか楽しみですね」と笑う。

 ○…麻生区生まれ、埼玉育ち。高校では陸上部に所属し、やり投げで関東大会に出場するなど活躍するが、高校3年生のときにバイクで事故に遭う。入院8カ月、全治2年の大けがを負い、生死をさ迷った。身動きができない中、集中治療室で支えてくれたのはラジオだった。退院後、大学に進学するも、勇気づけられた”声”の仕事をしたいとアナウンサーの専門学校へと進んだ。

 ○…アナウンサーとなり、ラジオやサッカーJリーグの試合を盛り上げるスタジアムDJなど活躍の舞台を広げていった。転機となったのは東日本大震災。自分の子どもを見つめながら、「何を手渡せるのだろう」と自問。関心のあった再生エネルギー会社に就職した。発電施設の導入に関わり、「人づくり、街づくり」の楽しさを知る。「1万人ほどの町だったが、『コンビニでおにぎりを買ってただろ』と気にかけてくれてね。仕事として真剣に取り組んでいるから、地域社会に受け入れられたのかな」と感じた。

 ○…地元の麻生でSDGsを広めたいと企画するも「地元に知り合いがいない」と、区の事業「希望のシナリオ」に参加し、仲間を増やしていった。多世代と関わりを持ちながら、セミナーやイベントを予定している。「未来を考えることは、自分や地域、社会のことを改めて考えること。いろいろな希望を集めて、多くの人に情報を発信できるハブのような組織になれば」

麻生区版の人物風土記最新6

登里 享平さん

川崎フロンターレDF(ディフェンダー)で背番号「2」をつける

登里 享平さん

30歳

2月26日号

和泉 杏奈さん

【Web限定記事】ご当地アイドル「川崎純情小町☆」で麻生区、多摩区を担当する

和泉 杏奈さん

川崎市在住

2月19日号

松田 肇さん

麻生ヤマユリ植栽普及会の会長を務める

松田 肇さん

王禅寺東在住 75歳

2月12日号

鈴木 正視さん

令和2年度川崎市自治功労賞に選ばれた五力田町内会長の

鈴木 正視さん

五力田在住 73歳

2月5日号

竹市 八郎さん

地域でボランティア活動を続ける

竹市 八郎さん

万福寺在住 84歳

1月29日号

原 嘉孝さん

ジャニーズJr.で、舞台「両国花錦闘士」の主演を務める

原 嘉孝さん

中原区出身 25歳

1月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月26日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

研修会で詐欺防止へ

研修会で詐欺防止へ

動画上映・講演会も

3月12日~3月12日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年2月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク