麻生区版 掲載号:2021年1月22日号 エリアトップへ

麻生区 救急出動6年ぶり減少 遠因に新型コロナの影響

社会

掲載号:2021年1月22日号

  • LINE
  • hatena

 麻生区内の昨年1年間の救急出動件数は、7004件で前年に比べ683件(8・9%)減少した。同区では2014年以降増加傾向だったが、6年ぶりに減少した。市消防局警防部救急課は、新型コロナ感染症による市民の健康に対する意識の向上も遠因にあるのではとしている。

 川崎市内の昨年1年間の救急出動件数は6万6951件で12年ぶりに減少。前年に比べ8562件(11・3%)減り、同課は出動件数が減少した遠因に、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴う社会行動の変化をあげる。「不要不急の外出自粛で社会活動全体が制限されたことや、多世代がマスクを着用するなどの感染予防対策を普段以上に行い、健康意識を高く持ち続けていることも影響していると考えられる」と話している。

 市全体の概要は、昨年1日平均の出動件数は182・9件で、約7分52秒に1件の割合で出動。搬送人数は5万6235人で前年に比べ8893人減少し、市民の27・4人に1人を搬送したことになる。年齢別では、65歳以上の高齢者が56・4%で前年より1・2ポイント増加。18歳から64歳までの成人は36・3%で前年より1・5ポイント減少した。

 搬送原因は、急病が3万9000人で全体の約69・4%を占め、次いで一般負傷が9190人(16・3%)、転院搬送が3532人(6・3%)となっている。搬送人数のうち、入院を必要としない軽症者は2万7662人で全体の49・2%だった。

現場滞在時間は増

 救急出動時、救急車が現場到着後、傷病者に適切な処置をし、受け入れ病院に向け出発するまでの現場滞在時間が、昨年は増加している。同課は「新型コロナの影響ということは断定できていないが、市内救急隊の現場滞在時間が増加していることは事実」とし、詳しい滞在時間や要因は現在精査中という。※20年の数値は全て速報値

麻生区版のトップニュース最新6

「炭循農法」田植えでPR

岡上若手有志チーム

「炭循農法」田植えでPR 社会

初企画「地域盛り上げたい」

6月18日号

2年分の思い込め再開

麻生音楽祭

2年分の思い込め再開 文化

感染対策講じ20日から

6月18日号

町会支援に新補助金

川崎市

町会支援に新補助金 社会

活動後押し 7月導入へ

6月11日号

感染対策で修繕特別賞

グリーンタウンポプラ街区

感染対策で修繕特別賞 社会

業界団体「他の模範になる」

6月11日号

2028年開通目指す

鶴川駅周辺南口道路

2028年開通目指す 社会

川崎・町田 両市が連携

6月4日号

子ども食堂で手芸品配布

地域ボランティア

子ども食堂で手芸品配布 コミュニティ社会

 保護者支援 寄付の布使って 

6月4日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月18日0:00更新

  • 6月11日0:00更新

  • 6月4日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

みんなで一緒に歌を

みんなで一緒に歌を

FAiCOミニコンサート

6月25日~6月25日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter