麻生区版 掲載号:2021年2月19日号 エリアトップへ

【Web限定記事】 食住近接地で完熟イチゴ 昨年オープン 早野の農園

社会

掲載号:2021年2月19日号

  • LINE
  • hatena
園主の安藤さん
園主の安藤さん

 早野の農園「スローファーム」で先月からイチゴ狩りが始まっている。産地と消費地が近い都市農業ならではの取り組みで「暮らす場所で採れた、完熟のイチゴを味わってほしい」と園主は話している。

 同園は、片平在住の安藤圭太さん(34)が早野の休耕地を借りて昨年オープン。2棟あわせて3000平方メートルあるハウスで、1万5800株を栽培する。イチゴ狩りでは「紅ほっぺ」「とちおとめ」「おいCベリー」「もういっこ」の4種類を時間内に楽しめる。栽培方法にもそれぞれ特徴があり、「全然味が違うので、ぜひ食べ比べてみてほしい」と安藤さん。

 オープンした昨シーズンは、感染症の流行で中止を余儀なくされたこともあった。今シーズンは開始当初から事前予約制と人数制限、イチゴを採る場所と食事場所を分けるなど対策を実施。横浜上麻生線近くの農園には、近郊のファミリー層が多く来場している。今月家族と訪れた上麻生在住の女性は「家の近くでイチゴ狩りができるなんて驚き。どの種類も甘くて美味しかった」と感想を話した。イチゴ狩りは5月末まで行う予定だ。

スーパーには並ばない品

 約10年の会社員生活を経て、3年前に家業を継ぎ就農した安藤さん。川崎市内にイチゴ農家は10軒あるが、安藤さんがイチゴに着目したのは、産地と消費マーケットが近いために完熟イチゴを楽しんでもらえるから。安藤さんによると、一般にスーパーなどで手に入るイチゴは完熟前に出荷されることもあり、糖度は10度ほど。同園では赤く熟したイチゴを食べることができ、糖度は18度までのぼる。「18度まで高くなると熟しすぎて輸送には向かずスーパーに並ばない。完熟が提供できるのは、産地が近い農園ならでは」と胸を張る。

 イチゴはケーキや加工品などの需要も高く、収穫物は区内菓子店や飲食店にも卸されている。園内でも今後、加工品を開発したいと考えている。

「豊かな食生活を」 

 園名は、大量生産・大量消費を象徴する「ファストフード」に対する「スローフード」に由来。安藤さんは「川崎は農地もあり『食』と『住』が近い場所。商品を通じ豊かな食生活をつくっていきたい」と語る。

 イチゴ狩りは水、土、日に開催。月曜を除き直売も実施。詳細・予約は同園ウェブサイトへ。

ヘタ間際まで赤く大粒のイチゴ
ヘタ間際まで赤く大粒のイチゴ
2つのハウスが目印
2つのハウスが目印

麻生区版のトップニュース最新6

写真展で新たな交流

虹ヶ丘地区

写真展で新たな交流 社会

多世代3施設が協力

10月22日号

住居表示が変更に

岡上地区

住居表示が変更に 社会

区内7年ぶり 11月22日から

10月22日号

改善重ね運行10年

山ゆり号

改善重ね運行10年 社会

百合高生がマスコット作成

10月15日号

毎朝、体操続けて15年

区内同好会

毎朝、体操続けて15年 社会

健康増進、交流の場に

10月15日号

劇場で「つながる」体験を

しんゆり映画祭

劇場で「つながる」体験を 文化

今月末から5日間

10月8日号

資源物持ち去り、罰金も

川崎市

資源物持ち去り、罰金も 社会

来年4月施行目指す

10月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月15日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ステージで発表・ライブ

ステージで発表・ライブ

10月29日 FAiCO出演

10月29日~10月29日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook