麻生区版 掲載号:2021年2月19日号 エリアトップへ

【Web限定記事】黒川野外活動センター 無添加の味噌づくりに挑戦 1年熟成「出来上がり楽しみ」

文化

掲載号:2021年2月19日号

  • LINE
  • hatena
煮た大豆をミンチに
煮た大豆をミンチに

 川崎市黒川青少年野外活動センターで2月12日から14日までの3日間、味噌づくり体験が行われた。

 同センターは、NPO法人国際自然大学校が管理、運営、指導を行い、かつて柿生小学校黒川分校の校舎があった場所を活用して、自然の中で料理や、木や竹を使った工作、ハイキング、木登りといった体験活動ができる施設だ。

 年間を通じてさまざまなプログラムが行われている中で、今回は「くろかわ 里山満喫プログラム『特製黒川味噌仕込み』」と題して、添加物を使わない自然の味噌づくり体験が行われた。

 13日は、3歳から小学生6年生までの子どもたちとその保護者が参加。当日の朝から5時間煮込んだ山梨県産の大豆を、参加者たちはミンチ機で砕き、ペースト状になった大豆を煮汁で柔らかく伸ばした後、同センターの室(むろ)でつくった麦や米のこうじと、塩を混ぜ合わせていった。参加した子どもたちは「紙粘土みたい」「気持ち良い」と楽しみながら、一生懸命に手でこねていき、空気を抜きながらタッパーに詰めて仕込みが終了。仕込んだ味噌は、それぞれ自宅に持ち帰り、半年から1年ほど寝かして完成。食べることができるという。

 親子で参加した小学6年生の女の子は「ここで味噌づくりを体験したのは今回で3回目。2年前に作った味噌を一昨日食べたけど美味しかった。出来上がって、食べるのが楽しみ」と感想を述べた。

 同センターの野口透所長は「コロナで例年よりも人数を減らして実施した。本当なら、味噌を煮るところから参加してもらい、食べ比べなどの体験もしてもらいたかったが、参加された方々が喜んでくれていたので、やって良かった。来年はもっとプラスアルファのいろいろなものを体験してもらいたい」と今後に期待を寄せた。

こうじと塩を混ぜてこねていく
こうじと塩を混ぜてこねていく
タッパーに詰めて仕込み完成
タッパーに詰めて仕込み完成

麻生区版のローカルニュース最新6

今年は"ひと味ちがう"ジャズ

今年は"ひと味ちがう"ジャズ 文化

8日、音大生企画公演

4月16日号

13年目の春がきた

13年目の春がきた 文化

18日開幕、5月16日まで

4月16日号

3世代で、縁の下の力持ち

3世代で、縁の下の力持ち 文化

アートボランティア“柴田ファミリー”

4月16日号

やまゆりで「フラ」体験

やまゆりで「フラ」体験 文化

23日、区民講師講座

4月16日号

地元野菜に長蛇の列

小田急×地元農家

地元野菜に長蛇の列 社会

直売企画 2回目も盛況

4月16日号

性暴力根絶へ、50人が訴え

性暴力根絶へ、50人が訴え 社会

川崎駅前でフラワーデモ

4月16日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月16日0:00更新

  • 4月9日0:00更新

  • 3月19日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

黒川で「ピザ焼き体験」

黒川で「ピザ焼き体験」

GWに野外活動センターで

5月3日~5月5日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter