麻生区版 掲載号:2021年3月5日号 エリアトップへ

【Web限定記事】川崎市人口動態 転入数が激減 コロナで移住控え

社会

掲載号:2021年3月5日号

  • LINE
  • hatena

 川崎市は先月24日、2020年の人口増減をまとめた「川崎市の人口動態」を公表した。昨年1月から12月の市全体の人口は7307人増加。前年の1万3890人増と比べて半数近く縮小しており、過去10年では東日本大震災の起きた11年に次ぐ増加数の少なさだった。新型コロナの影響による転入数の大幅な減少が一因とみられる。

 市への転入は10万4259人で前年比6829人減。転出は9万8165人で同777人減と、転入出ともに減少した。転入から転出を差し引いた社会増減は6094人で、24年連続で転入超過となった。

 コロナの影響は外国人住民の人口増減でも顕著で、前年と比べて277人減。7年ぶりのマイナスとなった。市の担当者は「入国に規制がかかり移住者が少なかった。11月に入国制限が解除されたときは少し増えたが、年末に再び感染が拡大し増加は止まった」と話す。

 出生数から死亡数を差し引いた自然増減は1213人増。高齢化の影響で減少幅が縮小しており、政令指定都市へ移行後、最も少なくなっている。

港北のマンションが影響

 人口増減は中原区が1989人増で市内トップ。川崎区は314人減で9年ぶりの人口減となった。宮前区以外は前年の増加数を下回った。市の担当者は「コロナの影響に加えて横浜市港北区で大型マンションが建設されたことも増加数が縮小した一因と考える」と話す。

麻生区版のローカルニュース最新6

強気プレーで県V

バドミントン

強気プレーで県V スポーツ

佐藤彩夏さん(上麻生在住高校2年)

11月26日号

地域住民と花壇づくり

長沢小3年

地域住民と花壇づくり 教育

諏訪公園に苗120本

11月26日号

エルミでクイズラリー

エルミでクイズラリー 社会

11月27日、28日の2日間

11月26日号

森の中が美術館

多摩美

森の中が美術館 文化

子育て世代が継承

11月26日号

冬の新ゆりをライトアップ

冬の新ゆりをライトアップ 社会

1年ぶりのマルシェも盛況

11月26日号

「いざ」という時に備えて

川崎市

「いざ」という時に備えて 社会

総合防災訓練に390人

11月26日号

あっとほーむデスク

  • 11月26日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

  • 11月12日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

親子でオランダ旅体験

親子でオランダ旅体験

クリスマスカード作りも

12月4日~12月4日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年11月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook