麻生区版 掲載号:2021年3月26日号 エリアトップへ

4月1日に区役所等で配布される「まちのひろば」の編集を手掛けた 佐々木 直子さん 千代ヶ丘在住 60歳

掲載号:2021年3月26日号

  • LINE
  • hatena

愛を込めて記事作成

 ○…麻生区内の誰もが気軽に集える居場所や、そこで活動する団体などを紹介する冊子「まちのひろば」。編集、デザイン等のディレクターとして製作指揮を執った。制作開始から約1年。コロナ禍で内容、ページ構成で苦労したものの、納得の一冊が出来上がった。「この冊子が点となり、線となり、まちの中でいろいろなつながりができたら。愛おしい一冊になった」と笑顔で語る。

 ○…父親の仕事の都合で幼い頃は転勤族で、海外に住んでいたことも。大学生の時に、姉妹で多摩区に移り住み、以来、ほとんどを麻生区で過ごしてきた。流通の仕事を志し、大学卒業後に百貨店に勤務。転職して別の百貨店の人事部で、バイト、パート向けの広報誌を作ったのが編集との出合いだった。「伝えたいことを紙で発信できるのが楽しくて」。人と接したい、会いたい、美味しいものを伝えたい。そうした思いを叶えてくれる編集の道を歩み始めた。

 ○…現在、夫と二人で編集プロダクションを営む。あさお市民活動サポートセンターで「あさお区民記者」も務め、「あさおふれんず」「やまゆりニュース」の編集長も担う。以前勤めていた会社の上司に『人をいざなえるような記事を』とアドバイスされ、それを信条にしてきた。「データ、原稿に愛を」を心掛け、日々取材、原稿作成に奔走する。

 ○…趣味はバンド活動。キーボードを担当し夫や息子たちと麻生文化祭に出演する。今後、「しんゆり出版」なるプロジェクトを立ち上げ、地域に数多いる人たちの歴史を記す活動を夢見る。「地元には素敵な人たち、美味しいお店がたくさん。そこにスポットをあてて多くの人に知ってもらえたら」。川崎、麻生区を愛する気持ちは誰にも負けない。

麻生区版の人物風土記最新6

小林 千恵子さん

発足30周年を迎えたサークル「サロン・ド・シャンソン」の代表を務める

小林 千恵子さん

王禅寺東在住 

5月14日号

山田 勝彦さん

麻生区スポーツ推進委員会委員長を務める

山田 勝彦さん

岡上在住 75歳

5月7日号

中山 厚夫さん

麻生区保護司会の会長に再任した

中山 厚夫さん

片平在住 74歳

4月30日号

越畑 好夫さん

今月第7代麻生消防団長に就任した

越畑 好夫さん

黒川在住 70歳

4月23日号

秋葉 達也さん

4月1日付で麻生消防署長に就任した

秋葉 達也さん

区内在勤 58歳

4月16日号

飯塚 宏司さん

麻生警察署の署長に就任した

飯塚 宏司さん

千代ヶ丘在住 55歳

4月9日号

意見広告・議会報告政治の村

  • ワクチン接種 Q&A

    新型コロナウイルス感染症 連載 86

    ワクチン接種 Q&A

    みらい川崎市議会議員団 こば りか子

    5月7日号

あっとほーむデスク

  • 5月14日0:00更新

  • 5月7日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

苔玉づくりに挑戦

苔玉づくりに挑戦

6月7日 リリオスで

6月7日~6月7日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    シリーズ「鶴見川流域の中世」謎の深い前滝口榎下重兼たち【2】文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

    5月14日号

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    シリーズ「鶴見川流域の中世」謎の深い前滝口榎下重兼たち【1】文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

    5月7日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter