麻生区版 掲載号:2021年3月26日号 エリアトップへ

麻生区民が協力 冊子「まちのひろば」完成 施設など紹介 4月に配布

コミュニティ社会

掲載号:2021年3月26日号

  • LINE
  • hatena
(左から)冊子の製作にあたった佐々木さん、植木理事長、原信子さん
(左から)冊子の製作にあたった佐々木さん、植木理事長、原信子さん

 麻生区内で誰もが気軽に集える居場所や、そこで活動する人たちなどを紹介する冊子『まちのひろば』が完成し、4月1日から区役所や麻生市民交流館やまゆりで配布される。発行は麻生区と、認定NPO法人あさお市民活動サポートセンター。同団体の植木昌昭理事長は「まちのひろばをどう活かしていくか。この本を活用してほしい」と呼びかける。

 「まちのひろば」は、誰もが集える地域の居場所で、そこで活動をしている人、活動をしたいと思っている人たちが出会い、つながり、交流し、次の一歩へのきっかけとなるような場所のこと。

 今回完成した冊子では、「世代を超えたつながりがうまれる場所」「子どもの居場所+パパ&ママの居場所」「気軽に集えるお店&スポット」など、公共や民間の施設、店舗など80カ所と、そこで活動する22の団体やグループなどが紹介されている。

 川崎市は2019年3月から、多様なつながりや、地域での居場所を創設し、持続可能な都市型コミュニティを目指すための将来像として「希望のシナリオ」を掲げ、各区で取り組みをスタート。あさお市民活動サポートセンターは、その地域の居場所などを紹介する冊子の制作を区に提案。麻生区地域課題対応事業として委託を受け、制作が決まった。

「活動に活かして」

 制作にあたり、同団体を中心としたプロジェクトチームを結成。制作の中で重視したのは、より多くの人の視点で「まちのひろば」を取り上げること。そこで19年11月から、自薦・他薦を問わず募集。結果、80カ所の応募があった。プロジェクトチームと、あさお区民記者で、それらの場所や、活動している団体・グループなどへの取材を重ね、1年がかりで96ページにわたる冊子が完成した。

 編集、デザイン等を担当した佐々木直子さん=人物風土記で紹介=は「コロナで活動を中止している団体が多く、取材が大変だった」と苦労を話す。植木理事長は「『希望のシナリオ』の取り組みの中で、こうした冊子をつくったのは麻生区が初めて。データだけでなく、読み物をつくりたいと思った。地域の資産として、どういうものがあるか見てもらって活用してもらえたら」と話している。
 

麻生区版のトップニュース最新6

改善重ね運行10年

山ゆり号

改善重ね運行10年 社会

百合高生がマスコット作成

10月15日号

毎朝、体操続けて15年

区内同好会

毎朝、体操続けて15年 社会

健康増進、交流の場に

10月15日号

劇場で「つながる」体験を

しんゆり映画祭

劇場で「つながる」体験を 文化

今月末から5日間

10月8日号

資源物持ち去り、罰金も

川崎市

資源物持ち去り、罰金も 社会

来年4月施行目指す

10月8日号

共生の道、麻生から

市民団体「アライの森」

共生の道、麻生から 社会

LGBTQ講座 今月開始

10月1日号

記念事業検討へ、始動

麻生区制40周年

記念事業検討へ、始動 社会

実行委員会に65団体・企業

10月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月15日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

  • 9月24日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ヤマユリの植え替え実演

ヤマユリの植え替え実演

11月10日 麻生市民館で

11月10日~11月10日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook