麻生区版 掲載号:2021年4月9日号 エリアトップへ

公共施設に給水スポット 市、マイボトル普及へ

社会

掲載号:2021年4月9日号

  • LINE
  • hatena
設置されるウォーターサーバー
設置されるウォーターサーバー

 川崎市は3月下旬から、誰でもマイボトルに給水できるウォーターサーバーを市内公共施設に試験的に導入した。計30台を設置し、利用状況などを見ながら増設していく。

 市は導入に先駆け、3月23日にウォーターサーバーのレンタル事業を行うウォータースタンド株式会社(本社・さいたま市)と協定を締結。市は2023年3月まで機器を無償で借り受ける。同社は市の二酸化炭素排出量削減を目指す取り組み「脱炭素戦略(かわさきカーボンゼロチャレンジ2050)」の賛同企業。4月2日時点で鎌倉市をはじめ全国10カ所の自治体とペットボトル削減に向けた協定を結んでいる。

 ウォーターサーバーはタンクの交換を必要としない水道直結式をベースに設置。既に市役所第3庁舎などに設置が完了している。4月末までに麻生区では百合丘こども文化センターなど3カ所に設置予定。設置状況は順次、市ウェブサイトで公開する。

環境意識向上へ

 市は、昨年11月にプラスチックごみを取り巻く課題に取り組むための対応方針を策定。市内で年間約2億本排出されるペットボトルごみの削減も課題の一つとして挙げられていた。

 導入を決め、市担当者は「取り組みを通して環境に対する意識を高めてほしい。マイボトルの普及とプラスチックごみの削減につながれば」と期待を寄せる。

麻生区版のローカルニュース最新6

ヘルスメイト養成講座

ヘルスメイト養成講座 社会

7月から8月 全4回

6月11日号

区内でSDGsを推進

区内でSDGsを推進 教育

小中学生メンバーを募集

6月11日号

申し込み超過、抽選に

申し込み超過、抽選に 経済

じもと応援券

6月11日号

自宅で「おはなし」を

麻生図書館

自宅で「おはなし」を 教育

特集コーナー設置

6月11日号

「日々の生活にSDGsを」

「日々の生活にSDGsを」 社会

小泉大臣インタビュー

6月11日号

元気なうちに終活

元気なうちに終活 社会

やまゆりで29日 公開講座

6月11日号

あっとほーむデスク

  • 6月11日0:00更新

  • 6月4日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月11日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter