麻生区版 掲載号:2021年4月23日号 エリアトップへ

麻生区内 「カード詐欺盗」入電が急増 4月から 量販店装う

社会

掲載号:2021年4月23日号

  • LINE
  • hatena

 麻生区内で4月中旬から、キャッシュカード・クレジットカードをすり替える特殊詐欺「キャッシュカード詐欺盗」の入電が相次ぎ、被害が発生している。麻生警察署では注意を呼び掛けている。

 同署によると、「キャッシュ(クレジット)カード詐欺盗」は、最近増加している特殊詐欺のひとつだという。

 具体的には、犯行グループから「あなた名義のクレジットカードを使って買い物をしようとしている人がいる。声をかけたら立ち去ったが、心当たりはあるか」という電話がまずかかってくる。「ない」と答えると、「警察や全国銀行協会に情報提供をお願いしたい」という協力要請があり、続けて、警察署員や協会の職員を装って「悪用される可能性があるので、交換した方が良い。職員が自宅まで伺います」と入電。その後、受取役の犯人が自宅まで来ると「この封筒にキャッシュカードを入れてください」「封印をするので、印鑑を持って来てください」と、被害者が離れた隙に偽物入りの封筒と交換。「新しいカードが届くまで保管しておいてください」と言って立ち去るという手口だ。

 これまで「オレオレ詐欺」「還付金詐欺」「融資保証金詐欺」「架空請求詐欺」が主な特殊詐欺とされていたが、最近特に被害が増えているのが「キャッシュカード詐欺盗」だ。ここ3年で、この詐欺盗による被害額は減少しているものの、被害件数は昨年1月から4月にかけて急増。今年に入り、麻生区内で還付金詐欺とキャッシュカード詐欺盗が一緒になった新たな手口も発生。4月中旬からは、区内にある大手家電量販店の店長や販売員を装い入電してくるケースが増え、実際に被害者出ているという。

留守電等で対策

 「電話でキャッシュカードと言われたら、それは詐欺なので気を付けてほしい」と同署生活安全課は注意を呼び掛ける。対策としては、警告メッセージが流れる電話機が詐欺の抑止効果が高いという。「そうした機能が付いた電話機が販売されているので、それを導入するのもひとつ。留守番電話機能がついていれば、設定しておくのも抑止につながる」と対策を呼び掛けた。
 

麻生区版のトップニュース最新6

「炭循農法」田植えでPR

岡上若手有志チーム

「炭循農法」田植えでPR 社会

初企画「地域盛り上げたい」

6月18日号

2年分の思い込め再開

麻生音楽祭

2年分の思い込め再開 文化

感染対策講じ20日から

6月18日号

町会支援に新補助金

川崎市

町会支援に新補助金 社会

活動後押し 7月導入へ

6月11日号

感染対策で修繕特別賞

グリーンタウンポプラ街区

感染対策で修繕特別賞 社会

業界団体「他の模範になる」

6月11日号

2028年開通目指す

鶴川駅周辺南口道路

2028年開通目指す 社会

川崎・町田 両市が連携

6月4日号

子ども食堂で手芸品配布

地域ボランティア

子ども食堂で手芸品配布 コミュニティ社会

 保護者支援 寄付の布使って 

6月4日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月18日0:00更新

  • 6月11日0:00更新

  • 6月4日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

みんなで一緒に歌を

みんなで一緒に歌を

FAiCOミニコンサート

6月25日~6月25日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter