麻生区版 掲載号:2021年5月28日号 エリアトップへ

市内公園 「ボール禁止」 看板を変更 市、規制からマナー啓発へ

社会

掲載号:2021年5月28日号

  • LINE
  • hatena
マナーを呼びかける看板
マナーを呼びかける看板

 公園で子どものボール遊びを禁じる看板をマナー啓発の内容に差し替えようと、川崎市では付け替え作業を進めている。5月24日時点で市は公園30カ所の看板を変更。安全確保や騒音などの課題を踏まえ、公園のルールづくりに関するガイドラインを見直し、活用を目指す。

 市内の公園1246カ所のうち、安全性や騒音などの問題が生じる懸念がある350カ所に、市は野球・サッカー禁止の看板を掲示していた。

 しかし、都市公園法の「自由利用の原則」に加え、ボール遊びができる公園がほしいという市民の声を受けて、市は昨年度から「禁止」看板の変更に着手。「マナーを守って遊びましょう」といった文言への書き換えを順次進めており、30カ所で完了させた。

 市は、2018年に公園のルールづくりのガイドラインを策定。「地域が主体となってルールを設け、周知を図ること」としているが進展がみられなかった。「関係者を集めて合意形成を図るには住民の負担が大きかった」と市は分析。今後、地域の理解を得ながら、看板の変更とともにガイドラインの見直しも進めていくとしている。

遊びの線引き課題

 ガイドラインを活用していくうえで課題となるのが、公園の利用マナーだ。市の条例では「球技等を集団・複数でする」「金属・木製バット、硬球の使用」は禁止行為とし、数人でのキャッチボールやビニールボールを使った遊びは他の利用者の迷惑、危険にならなければ認められている。

 市民からは「サッカーや野球をしていると怖い」「線引きがあいまい」といった声も。池上新町町内会(川崎区)の浦野一吉会長は「何が危険で迷惑なのか考えないと禁止せざるを得なくなる」と利用者のマナー向上を問いかける。

 公園以外でもボール遊びの場などを提供しようと、幸区では市民から受けた提言をもとに学校の校庭開放の試行なども検討する意向。市は「各課題を抽出し、関係機関とマナー啓発に取り組みながら、環境の整備を進めていきたい」と意欲をみせる。

麻生区版のトップニュース最新6

地図づくり大詰め

SDGs推進隊

地図づくり大詰め 社会

他都市への展開も視野に

11月26日号

新会議、年度内に試行

川崎市

新会議、年度内に試行 社会

「形式自由」も運用がカギ

11月26日号

区内で新たに16件決定

市地域文化財

区内で新たに16件決定 文化

旧神谷歯科など

11月19日号

神奈川制し全国へ

桐光学園サッカー部

神奈川制し全国へ スポーツ

3年ぶりに王座奪還

11月19日号

「男子厨房に入り」25年

市民料理サークル

「男子厨房に入り」25年 社会

月1回の講習会 再開

11月12日号

地元企業らで一斉清掃

新百合ヶ丘駅南口

地元企業らで一斉清掃 社会

ポイ捨て、糞害に課題も

11月12日号

あっとほーむデスク

  • 11月26日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

  • 11月12日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

親子でオランダ旅体験

親子でオランダ旅体験

クリスマスカード作りも

12月4日~12月4日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年11月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook