麻生区版 掲載号:2021年7月9日号 エリアトップへ

虹ヶ丘小 手作りトーチで聖火リレー 公道走行中止受け、独自に

教育

掲載号:2021年7月9日号

  • LINE
  • hatena
手作りトーチで聖火台に点火する阿部さん(左)と小川さん
手作りトーチで聖火台に点火する阿部さん(左)と小川さん

 市立虹ヶ丘小学校(今野忠校長)は6月30日、公道走行中止となった東京五輪・パラリンピック聖火リレーの独自代替えイベントを実施し、児童たちが手作りのトーチでリレーを行った。

 川崎市では当初、同日に等々力競技場から武蔵中原駅手前までの公道を走行する聖火リレーを予定。競技場内では、第一走者の後ろを市内7区の小学校と特別支援学校の児童20人が走る計画だった。麻生区からは同校6年生の阿部慎剛さん、小川美空さんが選ばれていたが、コロナの感染拡大防止のため、聖火リレーの公道走行は中止に。

 同校では、楽しみにしていた2人のために、代わりに何かできないかと思案し、全校児童が参加できる独自の聖火リレーを行うことを急きょ決定。教職員が協力して校内にあった廃材などを使用し、火の部分が光る仕様のトーチ、聖火台を製作した。

全校児童が参加

 雨の影響から会場となった体育館には、6年生の保護者たちも観覧に駆けつけた。

 最初に動画で聖火リレーについて学んだ後、1年生から順番に、学年代表の4人が体育館内を一周し、次の学年代表に手作りのトーチをリレー。6年生はグループに分かれて全員が走行し、最後は阿部さんと小川さんが登場。本番で着用予定だった五輪・パラリンピックの公式Tシャツを身にまとい、大きな歓声を浴びながらトーチを持って一周し、ステージに登壇。スポットライトを浴びる中で、聖火台に点火した。

ピンチをチャンスに

 阿部さんは「等々力競技場を走れなくて残念だったけど、先生たちがこうしたイベントを協力して開いてくれてうれしかった」と話し、小川さんは「本当の聖火リレーが中止になって悲しかった。1年生から6年生まで全校が協力して、このイベントができたことが嬉しい」と喜んだ。

 全校児童146人と市内で最も児童数が少ない同校。『夢を育む感動的な教育活動』を目標に掲げ、小規模校である特色を生かし、将来に向けた汎用的な教育に取り組んでいる。今野校長は「子どもたちの心に残ることが大事。ピンチをチャンスに変えることができることを教えられたかなと思う。これからも夢を育むことが大事だということを伝えていきたい」と話した。

体育館で聖火リレーを行った
体育館で聖火リレーを行った

麻生区版のローカルニュース最新6

ステージで発表・ライブ

ステージで発表・ライブ 文化

10月29日 FAiCO出演

10月22日号

小中学生の作品募集

小中学生の作品募集 文化

特選はコンサートで朗読

10月22日号

応援メッセージ115点展示

RUN伴+あさお

応援メッセージ115点展示 社会

認知症にやさしいまちへ

10月22日号

しんゆりに南米の風

しんゆりに南米の風 文化

「アルパ」演奏会

10月22日号

旧王禅寺村を散策

旧王禅寺村を散策 文化

古刹とごみ処理施設見学

10月22日号

「川崎ゆかり」集結

なかはら寄席

「川崎ゆかり」集結 文化

11月5日、桂米多朗さん企画

10月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月15日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ステージで発表・ライブ

ステージで発表・ライブ

10月29日 FAiCO出演

10月29日~10月29日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook