麻生区版 掲載号:2021年7月9日号 エリアトップへ

オール岡上ワイン初完成 区内飲食店で提供へ

経済

掲載号:2021年7月9日号

  • LINE
  • hatena
乾杯する山田さん(右)ら
乾杯する山田さん(右)ら

 農業生産法人を経営する山田貢さん(39)=片平在住=がブドウの栽培から醸造まで一貫して岡上で手がけた、初の「川崎市内産ワイン」が先月完成。7月4日には岡上ワイナリーで完成披露と試飲会が開催された。ワインは今月中に区内飲食店で提供を開始する。

 麻生区は昨年、果実酒をつくるルールが軽減される「かわさきそだちワイン特区」に内閣総理大臣から認定。この特区内では、特定農業者自らが生産物を原料に最低製造数に関係なく果実酒を製造できる。小売販売はできず、営業する飲食店や民宿のみで提供可能だ。

 2017年から外部委託でワインをつくってきた山田さん。特区制度を利用して昨年、果実酒酒造免許を取得。岡上内に設備も整え、収穫して冷凍保存したブドウを使って醸造を始めた。

 完成したのは「蔵邸ワイン 岡上ロゼ2020」。ブドウの品種はピノ・ノワールやシャルドネが主体で、醸造数はハーフボトル42本、フルボトル2本。17年のワインがロゼだったことから「自分で醸造するワインもロゼからスタートしたかった」と山田さん。経営するレストランで提供するため、目指したのは「川崎野菜に合う味」。すっきりとした酸味と華やかな香りが特徴だ。

「地域に活気を」

 試飲会には近隣住民ら約50人が集まり、三瓶清美麻生区長の音頭で乾杯。以前から山田さんがつくるワインを飲んできた岡上在住の菊池薫さん(65)は「ふわっとフルーティーな香りを感じる。ワインが地域に活気を与えてくれると思う」と話した。

 山田さんは「喜んでもらえるか緊張したが、ワインが好評でありがたい」と笑顔を見せ、今後は「今年はブドウの収穫量が見込める。秋には『岡上ヌーボー』の披露や醸造体験もできれば」と見据えている。

 市農業振興課の担当者は「地道にワインの生産量が増え、観光資源になっていけば。市内でワインづくりに取り組む人がほかにも広がってほしい」と期待を寄せる。

 市内産ワインは万福寺の飲食店「リリーズバイプロメティー」で提供。
 

完成したロゼワイン
完成したロゼワイン

麻生区版のトップニュース最新6

ゆかりの麻生で遺作上映

女優原知佐子さん

ゆかりの麻生で遺作上映 文化

関係者が在りし日語る

9月17日号

認知症理解へ 民・官一体

世界アルツハイマーデー

認知症理解へ 民・官一体 社会

区役所で展示 動画作成も

9月17日号

区民「地盤調査しっかりと」

リニア中央新幹線

区民「地盤調査しっかりと」 社会

外環道事故受け、説明会

9月10日号

「月」語る癒しの場を

区内在住カメラマン

「月」語る癒しの場を 社会

週1回交流 延べ500人

9月10日号

囲碁全国大会で3位

王禅寺中央中高橋さん

囲碁全国大会で3位 社会

「次は高校で」優勝をめざす

9月3日号

2選手が総体準優勝

桐光学園高校水泳部

2選手が総体準優勝 スポーツ

100平、400個メで

9月3日号

あっとほーむデスク

  • 9月17日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

恒例の「二つ目落語会」

恒例の「二つ目落語会」

9月18日 棕櫚亭(西生田)で

9月18日~9月18日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • ナラ枯れ大発生

    区民記者が走る! vol.5 2021年 September

    ナラ枯れ大発生

    9月17日号

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    シリーズ「鶴見川流域の中世」 板碑に刻まれた「主君」は武将か僧侶か―建長七年銘板碑から地域社会を考える―【3】文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

    9月17日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook