麻生区版 掲載号:2021年7月16日号 エリアトップへ

片平小6年福田佳朋さん 囲碁で県制覇、全国出場 目標は予選突破、頂点へ

文化

掲載号:2021年7月16日号

  • LINE
  • hatena
賞状を手に全国出場を喜ぶ福田さん
賞状を手に全国出場を喜ぶ福田さん

 市立片平小学校6年生の福田佳朋さん(11)が7月4日、横浜市で行われた「第42回文部科学大臣杯少年少女囲碁大会」の小学生以下の部の神奈川大会に出場し、優勝。8月20日・21日に行われる全国大会に出場する。

 県内の小学生の実力者8人が参加した同大会。福田さんは4年生の時に、同大会で優勝し、神奈川代表として全国大会に出場している。大会前には「勝てたらいいな」と思っていたという中で、迎えた1戦目。初手合わせの相手で「緊張して、いつもと違った感覚だった」と振り返るも勝利を収めた。続く、2戦目、3戦目も勝利し、初めて同大会で優勝。神奈川代表の座を射止めた。

 2度目の文部科学大臣杯の全国大会に挑む福田さん。前回の出場時は、1勝2敗で予選リーグで敗退。今回は「まず予選リーグを勝ち抜きたい。予選で3勝して、そのまま優勝を目指したい」と意気込みを語った。

終盤にうまさ

 祖父が囲碁を打つ姿に興味を持ち、小学1年生の秋から碁を打ち始めた。万福寺にある「新百合子ども囲碁教室」に週に一度通い、自宅でも一人碁やインターネットを使って腕を磨いていった福田さん。同教室を主宰する「新百合ヶ丘囲碁クラブ」内の段位で、大人も含めた約180人の中で最高位の7段格を有する。「大人と打っても勝てる実力。幼い頃から熱心に打ってきた。この先が楽しみ」と同クラブの古澤功さんは話す。

 福田さんは「1局1局盤面が違うのが楽しい。みんなには終盤がうまいと言われる」と囲碁の魅力と、自分の碁の特徴を語る。

麻生から代表2人

 文部科学大臣杯の全国大会には、市立王禅寺中学校3年生の高橋大地さんも中学生の部で出場する。高橋さんも、一時期同教室に通っていたこともあるという。古澤さんは「麻生区から全国で活躍してほしい」と期待を寄せる。

麻生区版のローカルニュース最新6

7団体が市民館に舞う

7団体が市民館に舞う 文化

事前申込み制

9月17日号

地元野菜普及めざし

JAセレサ川崎

地元野菜普及めざし 文化

CD2500枚 市へ

9月17日号

まちの魅力を「もっと」

麻生と私 第6回 区制40周年プレ企画

まちの魅力を「もっと」 社会

中島健介さん(41才)=万福寺在住

9月17日号

2曲の民族舞踊を体験

2曲の民族舞踊を体験 文化

10月5日から 麻生市民館で

9月17日号

「ありがとう」が活動の源

「ありがとう」が活動の源 社会

地域活動に尽力 平原廣さん

9月17日号

逆転サヨナラで「若葉」優勝

区学童野球

逆転サヨナラで「若葉」優勝 スポーツ

秋季J:COM大会

9月17日号

あっとほーむデスク

  • 9月17日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

地下トンネル仕組み学ぶ

地下トンネル仕組み学ぶ

9月26日 オンラインで

9月26日~9月26日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • ナラ枯れ大発生

    区民記者が走る! vol.5 2021年 September

    ナラ枯れ大発生

    9月17日号

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    シリーズ「鶴見川流域の中世」 板碑に刻まれた「主君」は武将か僧侶か―建長七年銘板碑から地域社会を考える―【3】文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

    9月17日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook