麻生区版 掲載号:2021年7月16日号 エリアトップへ

麻生出身ダンサーが躍動 8月、市民館の発表会 出演

掲載号:2021年7月16日号

  • LINE
  • hatena
関さん(左)と中井さん=胡桃バレエスタジオ
関さん(左)と中井さん=胡桃バレエスタジオ

 麻生区出身のバレエダンサー2人が、8月に麻生市民館で行われる胡桃バレエスタジオ(王禅寺西)の公演に出演する。育った地元への感謝を込めながら、成長した姿を見せる。

 市立麻生小、長沢中出身の関優奈さん(24)と、千代ヶ丘小、金程中、県立麻生高校出身の中井杏香さん(24)。2人は幼少期から同スタジオのレッスンに通い、技術や表現を磨いてきた。関さんは新国立劇場バレエ団(東京都)に2017年入団、中井さんは2019年にNBAバレエ団(埼玉県)に入団し、活躍の場を広げている。

技・表現存分に

 8月の公演ではそれぞれ大きな見せ場がある。バレエ作品『海賊』から男女2人による躍りを披露する関さん。「ダイナミックな振付なのでジャンプなどのテクニックと、華やかに見えるような表現に注目してほしい」と語る。

 中井さんは第3部メインの『パキータ』に出演。上品な女性らしさを研究中といい、「歩き方ひとつでイメージが変わる。指の先まで意識し、細かい表現に落とし込みたい」と意気込む。

後進育成も

 2年前から指導見習いとして同スタジオで子どもたちにも教える2人。今回、子どもたちの発表作品も振り付けた。関さんは「5歳のとき初めての舞台が麻生市民館で、親しみある場所。教えている子どもも本番を迎えるので一層わくわくしている」と笑顔を見せる。また、地元で踊ることについて中井さんは「昨年は中止になったので、舞台に立てる喜びは大きい。支えてくださる方に感謝しながら臨みたい」と思いを込める。

 1983年に開設し、区内の舞踊文化振興に携わってきた同スタジオ。しんゆり芸術祭にも出演した、スターダンサーズバレエ団の渡辺恭子さんも在籍した。現在は、子どもから大人まで約50人が通う。主宰する伊藤胡桃さんは「芸術が持つ力や希望は失ってはならないエネルギー。公演を機に、希望を未来につなげられたら」と話す。

 公演は8月9日、午後4時30分開演。事前申し込み制。
 

過去公演の中井さん(左)と関さん(同スタジオ提供)
過去公演の中井さん(左)と関さん(同スタジオ提供)

麻生区版のローカルニュース最新6

7団体が市民館に舞う

7団体が市民館に舞う 文化

事前申込み制

9月17日号

地元野菜普及めざし

JAセレサ川崎

地元野菜普及めざし 文化

CD2500枚 市へ

9月17日号

まちの魅力を「もっと」

麻生と私 第6回 区制40周年プレ企画

まちの魅力を「もっと」 社会

中島健介さん(41才)=万福寺在住

9月17日号

2曲の民族舞踊を体験

2曲の民族舞踊を体験 文化

10月5日から 麻生市民館で

9月17日号

「ありがとう」が活動の源

「ありがとう」が活動の源 社会

地域活動に尽力 平原廣さん

9月17日号

逆転サヨナラで「若葉」優勝

区学童野球

逆転サヨナラで「若葉」優勝 スポーツ

秋季J:COM大会

9月17日号

あっとほーむデスク

  • 9月17日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

地下トンネル仕組み学ぶ

地下トンネル仕組み学ぶ

9月26日 オンラインで

9月26日~9月26日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • ナラ枯れ大発生

    区民記者が走る! vol.5 2021年 September

    ナラ枯れ大発生

    9月17日号

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    シリーズ「鶴見川流域の中世」 板碑に刻まれた「主君」は武将か僧侶か―建長七年銘板碑から地域社会を考える―【3】文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

    9月17日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook