麻生区版 掲載号:2021年8月13日号 エリアトップへ

古沢 「戦争の爪痕知って」 探照灯基地跡に石碑

社会

掲載号:2021年8月13日号

  • LINE
  • hatena
基地のあった場所から少し離れた所に建つ石碑
基地のあった場所から少し離れた所に建つ石碑

 世田谷通り「古沢交差点」を五月台駅方面に進むと右側の斜面に見えてくる小さな石碑。「平和の碑 探照灯基地跡」と刻まれている。

 この石碑は、第二次世界大戦で、古沢交差点の角の丘の上に「探照灯基地」があったことを後世に残すために、1991年6月に地元の有志によって建てられたものだ。石碑の裏には「世界第二次大戦により古沢288番地海抜70m地点に探照灯が据えつけられ昭和19年9月20日から昭和20年8月17日まで使用された」と記されている。

 探照灯とは、今でいうサーチライトのこと。戦争末期に内地防空のために「高射第1師団」を編成。世田谷に本部を置く「高射砲第112連隊」の大隊が今の宮前区周辺に配備された記録が残っている。古沢の基地もそのひとつだった可能性があると言われている。

五力田に焼夷弾

 当時を知り、建立に関わった地元の人の話では「終戦間近には毎晩のようにB29の編隊が空を埋め尽くし、探照灯が照らしていた。最初は高度があったけど、次第に下がってきてね。飛行機の大きさに驚いた」。ある時、B29が投下した焼夷弾が五力田の民家に落ち、大火事になったことがあった。「近所の家にいたけど真っ赤に燃えて怖かった」と当時の心境を語る。片平小学校の裏に焼夷弾が落ちたことも。不発弾だったため、学校にいた兵隊がそれを切って、中の油を見せてくれたこともあったという。

 戦後、軍が撤収した後に基地に行くと、兵隊が寝泊まりしていたであろう穴がいくつもあり、そこでよく遊んだ思い出が残る。「ここに基地があったことを知っている人は減ってきている。悲惨な戦争の爪痕が身近な所にも残っていることを少しでも知ってもらえたら」と話している。

麻生区版のローカルニュース最新6

校庭でポニーとふれあい

校庭でポニーとふれあい 教育

「寺子屋あさお」が麻生小で

10月15日号

記念講演「俳句を楽しむ」

記念講演「俳句を楽しむ」 文化

麻生区文化祭「俳句大会」で

10月15日号

新百合に全日本プロレス

新百合に全日本プロレス スポーツ

22日、初の主催大会

10月15日号

今季も「攻めて勝つ」

バレー女子NEC

今季も「攻めて勝つ」 スポーツ

山内主将が意気込み

10月15日号

多様性重視 残る課題

検証 福田市政㊦

多様性重視 残る課題 政治

継続・発展性の追求を

10月15日号

高齢者の就労を支援

高齢者の就労を支援 社会

川崎市シルバー人材センター

10月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月15日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

  • 9月24日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ヤマユリの植え替え実演

ヤマユリの植え替え実演

11月10日 麻生市民館で

11月10日~11月10日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook