麻生区版 掲載号:2021年8月27日号 エリアトップへ

「戦術考えながら楽しんで」 川崎ボッチャクラブ 新橋さん

スポーツ

掲載号:2021年8月27日号

  • LINE
  • hatena
新橋さち子さん/大学生の時にボランティアでボッチャに携わり始める。日本代表のコーチやアシスタントを務め、選手ととも海外遠征にも参加。2004年に発足した川崎ボッチャクラブの代表を務める
新橋さち子さん/大学生の時にボランティアでボッチャに携わり始める。日本代表のコーチやアシスタントを務め、選手ととも海外遠征にも参加。2004年に発足した川崎ボッチャクラブの代表を務める

 22競技が行われる東京パラリンピック。そのひとつに、川崎市が力を入れている競技がある。それは「ボッチャ」だ。

 市長杯をはじめ、市内で各団体が大会を催すほか、川崎市の職員チーム「川崎ボッチャーレ」が全国規模の大会で優勝したことも。市内の各スポーツセンターでもボッチャの道具の貸出を行っている。

 ボッチャは、重度脳性まひ者、もしくは同程度の四肢重度機能障害者のために考案された競技。赤と青のボールをそれぞれ6球投げて、ジャックボールと呼ばれる白いボールに、いかに近づけるかを競う。現在は、障害のある人もない人も楽しめるスポーツとして、注目を集めている。

 麻生区役所に務め、日本代表のコーチやアシスタントを務めた経験もある、川崎ボッチャクラブ代表の新橋さち子さん(38)は「重度の障害を持つ人が出場できる競技。BC3というクラスでは投球補助具を使うので、ぜひ注目してほしい」と話し、続けて「BC4では以前、両手足欠損の選手が肩でボールを投げていました。多様性があり、いろいろな投げ方の選手がいるので面白いです」と魅力を語る。

 ”地上のカーリング”とも呼ばれ、技術とともに頭脳戦が繰り広げられる「ボッチャ」。新橋さんは「選手たちはミリ単位でボールを寄せます。どのように寄せて点数を取るか。一緒に戦術を考えながら、観戦すると楽しいと思います」と観戦ポイントを語る。「興味を持ってもらえたら、市内でも大会があるので、一緒に楽しんでほしい」と呼びかけた。

麻生区版のローカルニュース最新6

群舞の魅力たっぷりと

群舞の魅力たっぷりと 文化

読者10組を招待

12月3日号

家族みんなのバランスは

家族みんなのバランスは 教育

14日 区役所で講演会

12月3日号

名作をしんゆり舞台に翻案

劇団わが町

名作をしんゆり舞台に翻案 文化

きょうから5日まで

12月3日号

1人1団体に地域功労賞

1人1団体に地域功労賞 社会

地域振興、生活向上に貢献

12月3日号

活動を奉告

【Web限定記事】市茶華道協会

活動を奉告 文化

12月3日号

口腔がん「早期発見を」

口腔がん「早期発見を」 社会

市歯科医師会が無料検診

12月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月3日0:00更新

  • 11月26日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

テーマは「高血圧症と心不全」

テーマは「高血圧症と心不全」

12月9日 健康づくり講演会

12月9日~12月9日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook