麻生区版 掲載号:2021年9月3日号 エリアトップへ

桐光学園高校水泳部 2選手が総体準優勝 100平、400個メで

スポーツ

掲載号:2021年9月3日号

  • LINE
  • hatena
小嶋さん(左)と上川畑さん
小嶋さん(左)と上川畑さん

 桐光学園高校水泳部が8月に長野県で行われた全国高等学校総合体育大会(インターハイ)に出場。小嶋壮選手(3年)が100メートル平泳ぎで、上川畑(かみかわばた)英選手(2年)が400メートル個人メドレーで準優勝した。

緊張乗り越えて

 1年時にも同種目でインターハイに出場した小嶋選手。この2年間で体力づくりを強化してきた。体重は5キロ増量、「キック力が上がった」と変化を語り、関東大会では優勝を果たした。

 迎えた全国の舞台。ところが、最初に出場した200メートル平泳ぎでは体調を崩し、結果を残せなかった。「周囲の期待に応えたい思いと、最後のインターハイで結果を残したい思いが強く、自分自身にプレッシャーをかけてしまった」と小嶋選手は振り返る。

 次のレースまでの中1日、サポートを受けながら、気力体力ともに立て直した。「緊張感からは抜けなかった」が、100メートルの決勝は自己ベストタイムを更新する力泳で2位に。結果には決して満足していないが、小嶋選手は「この3年、良い雰囲気のチームでやってきて楽しかった。これからの試合も、楽しんで泳ぎたい」と話している。

「楽しんで泳げた」

 昨年は多くの大会が中止になり、上川畑選手にとっては、インターハイが高校生になって初めての大きな大会だった。練習では、持久力をつけるため1日6000〜8000メートルを泳いだ。

 全国はまず200メートルバタフライに出場したが、4位と惜しくも表彰台を逃した。「悔しかったけれど、次に切りかえられた」と上川畑選手。個人メドレーは「得意のバラフライで先行し、苦手な平泳ぎで競り負けないことを意識していた」と語る。予選は1位で通過。「あとは自分のレースをするだけ」と決勝に臨んだ。ずっと破れなかった4分20秒の壁を越え、自己ベストを更新して準優勝を果たした。「楽しんで泳げた」と笑顔を見せる。

 来年の優勝を目指す上川畑選手は「今年は個人種目のみでの出場だったので、来年はリレーで出場できるようになりたい」と部の活躍にも目を向けている。
 

麻生区版のトップニュース最新6

過去5年で最少

区内火災件数

過去5年で最少 社会

救急は前年比221件増

1月14日号

「農家の暮らし」を本に

区内シニア有志

「農家の暮らし」を本に 社会

中山会長「若い世代へ」

1月14日号

地域コミュニティを推進

新春インタビュー

地域コミュニティを推進 政治

三瓶区長、今年の展望語る

1月7日号

区内3人に厚労大臣表彰

区内3人に厚労大臣表彰 社会

地域福祉への貢献を評価

1月7日号

川崎の新時代へ「挑戦」

川崎の新時代へ「挑戦」 政治

福田市長、2022年を語る

1月1日号

12年に1度「寅薬師」

修廣寺

12年に1度「寅薬師」 文化

今秋開扉 住職も交代

1月1日号

あっとほーむデスク

  • 1月14日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月24日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

落語で特殊詐欺防止

落語で特殊詐欺防止

1月28日 区役所で研修会

1月28日~1月28日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    シリーズ「鶴見川流域の中世」中世史料・資料の隠れた宝庫 恩田郷(その2)【2】文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

    1月14日号

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    シリーズ「鶴見川流域の中世」中世史料・資料の隠れた宝庫 恩田郷(その2)【1】文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

    1月7日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook