麻生区版 掲載号:2021年10月22日号 エリアトップへ

記者まちかど探検 秋の味覚と麻生の地名 「柿生」「栗木」の由来は?

社会

掲載号:2021年10月22日号

  • LINE
  • hatena
栗の木が多かったとされる説も=栗木台の農家で
栗の木が多かったとされる説も=栗木台の農家で

 「味覚の秋」到来--。秋に旬を迎える食べ物の中で、麻生区の地名になっているのが「柿」と「栗」だ。

 柿と言えば「柿生」。柿生の地名は、王禅寺の山の中で発見されたとされる「禅寺丸柿」が由来とされている。小田急線の駅名になっているが、実は、住所に「柿生」の名は存在しない。

 麻生観光協会の作成する「禅寺丸柿」のパンフレットによると、1889年(明治22年)の町村制の施行に伴い、都筑郡の十カ村が合併して「柿生村」となった。この時に、地域特産の禅寺丸柿の収穫が多い理由から「柿生まれる村」から名付けられ、1927年(昭和2年)に開業した小田急線の駅名にもなった。1939年(昭和14年)に、柿生村と岡上村が川崎市と合併したため、柿生村の名は50年ほどでなくなり、現在では、駅名と地域の総称として親しまれている。

 一方、「栗木」「栗木台」「栗平」の地名は、川崎市が発行する書籍『川崎の町名』によれば、この地域に栗の木が多かったとされる説がある。一方で、周囲に丘陵の尾根が連なり、東に開けている地域の特徴から、傾斜地を意味する「刳る(くる)」が「栗」の語源とされ、江戸時代の貞享、元禄期の文書に「栗喜」と書かれた文書が残っており、そこから名付けられたとされる説もある。

 昔は、栗木、栗木台、栗平の一部を含めて「栗木村」と呼ばれていたが、明治の町村制の施行で「柿生村」の大字となり、1939年に川崎市に編入された。

 「栗木」は、地元の人であれば「くりぎ」と読めるが、知らない人からすると「くりき」と読んでしまう。なぜ「ぎ」と濁るのか。書籍を調べ、古くから住む人たちに聞いてみたが、わからずじまい。ご存知の方がいれば編集室までご連絡を。

麻生区版のローカルニュース最新6

防犯パトで地域安全を

防犯パトで地域安全を 社会

2月3日 研修会参加者募集

1月14日号

区内各所で「どんど焼き」

区内各所で「どんど焼き」 社会

小正月の伝統行事

1月14日号

サッカーは全国ベスト8

桐光学園

サッカーは全国ベスト8 スポーツ

接戦勝ち上がり奮闘

1月14日号

子ども会作品一堂に

子ども会作品一堂に 文化

15日から区役所、市民館

1月14日号

プラ循環「成功させる」

プラ循環「成功させる」 社会

福田市長が新年の辞

1月14日号

気候危機を考える

気候危機を考える 社会

2月 区役所で講演会

1月14日号

あっとほーむデスク

  • 1月14日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月24日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

落語で特殊詐欺防止

落語で特殊詐欺防止

1月28日 区役所で研修会

1月28日~1月28日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    シリーズ「鶴見川流域の中世」中世史料・資料の隠れた宝庫 恩田郷(その2)【2】文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

    1月14日号

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    シリーズ「鶴見川流域の中世」中世史料・資料の隠れた宝庫 恩田郷(その2)【1】文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

    1月7日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook