麻生区版 掲載号:2021年11月19日号 エリアトップへ

記者まちかど探訪 呼び名はどっち? 「市民館」と「文化センター」

社会

掲載号:2021年11月19日号

  • LINE
  • hatena
複合施設の「麻生文化センター」
複合施設の「麻生文化センター」

 緊急事態宣言が明けて、数多くのイベントが予定・開催されるようになってきた。日頃からイベントの案内が編集室にも数多く届く。麻生区内で行われるイベントで、よく利用される会場が麻生市民館だ。

 ただ、時々編集室で頭を悩ませているのが、その呼び名。チラシに「麻生市民館」と書いてあるものがほとんどだが、中には「麻生文化センター」と書かれているものもある。住所は同じ。どちらの名称で紹介するべきか。それが頭を悩ませる原因だ。

 そこで、麻生市民館に聞いてみた。同スタッフによると「『麻生文化センター』は、『麻生市民館』と『麻生図書館』『市民ギャラリー』が一体となった建物の総称なので、どちらも間違いではありません」と話す。

 1982年7月に多摩区から分区して麻生区が誕生。区役所が開設された。それから3年かけて、教育施設建設委員会による答申に基づいて設計され、85年4月にオープンしたのが麻生文化センターだ。同センターは、市民館、図書館、ギャラリーが一体となった複合施設で、知的創造と市民交流の場として、開設された。特に市民館は、市民の生涯学習を支援する教育機関として、開館以来、麻生区民を対象に教育・学術・文化に関する各種の学級、講座を実施するだけでなく、麻生区の文化の発信拠点として親しまれてきた。

 同館スタッフによると「利用される方は、市民館のホールや会議室を使われることがほとんど。それらは、市民館内の施設なので、催しの会場名は『麻生市民館』の方が皆さんにとっても馴染みがあると思う」と話す。続けて「ですので、今後は会場名を『市民館』にしていただいた方が良いかと思います」と話してくれた。

麻生区版のローカルニュース最新6

4部が関東大会に出場

桐光学園

4部が関東大会に出場 スポーツ

サッカー、野球は県制覇

5月20日号

アイルランドの名作上演

アイルランドの名作上演 文化

劇団民藝『ルナサに踊る』

5月20日号

1年半の成果を披露

1年半の成果を披露 文化

しまりすアートが作品展

5月20日号

まちの地道な活動に光

春の叙勲・褒章

まちの地道な活動に光 社会

麻生区内8人が受章

5月20日号

楽しみながら防災知識を

楽しみながら防災知識を 社会

6月4日 四ツ田緑地で

5月20日号

「音楽のまち」から、世界へ

かわさきピアノコンクール

「音楽のまち」から、世界へ 文化

2年目が始動

5月20日号

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 5月13日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

屋台コーヒーで交流

屋台コーヒーで交流

百合丘地域包括ら企画

5月27日~5月27日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook