麻生区版 掲載号:2022年6月17日号 エリアトップへ

めざせホップのカーテン 片平川沿いに苗植え

社会

掲載号:2022年6月17日号

  • LINE
  • hatena
片平川沿いの畑に苗を植える作業
片平川沿いの畑に苗を植える作業

 ビールの苦みや香りの原料となる植物・ホップの苗植えが、6月11日、片平川沿いの富士見橋近くで行われた。

 今年度の麻生区市民提案型協働事業「あさおホッププロジェクト」の一環。プロジェクトでは、有志家庭でホップの苗を栽培し、つるをネットに巻き付け育てる、「グリーンカーテン」をつくる。栽培しながら参加者同士のつながりをつくることや、住宅地の緑化促進がねらいだ。

 家庭栽培とあわせ、住民にホップのグリーンカーテンに親しみを持ってもらうため、麻生区内にも作ろうと考えたのは、プロジェクトを企画する「あさおホップ実行委員会」会長の福澤雄太さん(31)。区内農家から場所を借り受け、川沿いでホップを栽培することになった。

 苗植え当日は、ホップの家庭栽培にも取り組む14人が参加。畑の雑草を取り、土を耕した後、壁に取り付けたネットにホップのつるを絡ませて苗を植えた。ホップはつる性の多年草。うまく成長すれば8月から11月にかけて、ビールに使用される「毬(まり)花(はな)」が実る。

 作業終了後は、福澤さんが作った「ホップウォーター」で乾杯。アルコールは入っていないが、ビールのような風味で、今後のホップ作りを期待させた。

 夫妻で参加した白鳥在住の鈴木鉄兵さん(37)は「ビールをよく飲むということもあり、ホップ栽培に挑戦してみようと思った。家庭ではこれから植えるので、今日の作業は参考になった」と感想を話した。

 福澤さんは「畑は麻生区スポーツ・健康ロードに面しているので、地域のみなさんにも、散歩しながら成長を見守ってもらえれば」と語った。

苗植え参加者とホップの畑
苗植え参加者とホップの畑

麻生区版のローカルニュース最新6

3年ぶり夏休み親子教室

麻生区文化協会

3年ぶり夏休み親子教室 文化

劇団民藝のWS(ワークショップ)など

7月1日号

黒田雅之選手が引退表明

区内勤務

黒田雅之選手が引退表明 スポーツ

元日本2階級制覇 感謝表す

7月1日号

自分ノートで不安解消

自分ノートで不安解消 社会

「支え合い広場」でWS(ワークショップ)

7月1日号

地産油で料理教室

地産油で料理教室 文化

7月25日 親子対象

7月1日号

今年は「写真」で認知症啓発

今年は「写真」で認知症啓発 社会

RUNTOMO+あさお

7月1日号

高校の相談と支援

高校の相談と支援 教育

20日、保護者向け講座

7月1日号

あっとほーむデスク

  • 7月1日0:00更新

  • 6月17日0:00更新

  • 5月27日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

区の花「ヤマユリ」紹介

区の花「ヤマユリ」紹介

麻生市民館で展示会

7月1日~7月6日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年7月1日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook